全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

三川中生の粘土細工作品 商品化プロジェクト

本物の和菓子になります! 来月18日に町内イベントで販売

 三川町の三川中学校(橘正敏校長)の生徒が粘土細工で作った和菓子を「本物に仕上げよう」というユニークなプロジェクトが始まった。生徒の作品60点以上の中から4点を選び「食べられる和菓子」として商品化する。

 三川中では毎年2年生が美術の授業で「三川の四季」をテーマに粘土細工の和菓子作りに取り組んでいる。例年11月の「みかわ秋まつり」で生徒たちの作品を展示。町民の注目を集めている。

本物の和菓子にする生徒4人の粘土細工作品

 ここ数年、「すばらしい作品ばかり」「見た目が本物とそっくり」「生徒の力作を食べられるようにしたら面白い」といった声が寄せられていた。

 こうした町民の声を実現させようと、三川町観光協会と三川中が中心となりプロジェクトをスタート。23日に学校で商品化に向けた選考会があり、3年生が昨年に作った66点の中から「おかしなおかしや」の和菓子職人・後藤麻利恵さん(36)=鶴岡市宝田二丁目=と、美術を教えている関矢彩佳教諭(35)が候補作4点を選んだ。

候補4作品を手にする生徒たち。左から和菓子職人の後藤さん、世徠さん、芽郁さん、智乃さん、夏音さん

 選ばれた4作品は▽斎藤智乃さん(14)の「菜の花畑」▽齋藤世徠(せら)さん(14)の「四季」▽大瀧夏音(なつね)さん(14)の「傘に落ちる雨」▽五十嵐芽郁さん(14)の「冬の空に咲く雪」―。智乃さんは「選ばれてびっくりした。本物に仕上がった自分の作品を食べてみたい」、世徠さんは「春に咲くお花や夏の青空、秋の紅葉、冬の雪景色をイメージした。どんなふうに商品化されるか今から楽しみ」と笑顔を見せた。

 これから本物の和菓子に仕上げる後藤さんは「デザインがすごく斬新だったり出来栄えがいい作品が多くて選ぶのが難しかった。生徒たちの力作をしっかり再現できるよう頑張りたい」と語った。

 食べられる和菓子は計20セット(1セット4個入り)作り、7月18日に三川町横山のいろり火の里・なの花ホールで行われるイベント「みかわでピクニックデー!」で一般販売する。

 町観光協会の担当者は「例年、生徒の作品を展示しているが、本物と見間違えた町民が実際にいるほど。今年の秋は2年生の作品も商品化したい」と話している。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

選手700人鉄人レース トライアスロン大会 長野県諏訪6市町村

 長野県諏訪6市町村を巡るスワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2022(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合でつくる実行委員会主催)は25日、諏訪湖畔...

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク