全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

除災招福・開運出世を祈る 龍王講秋大祭と妙達上人の開基祭

僧侶たちが経を読み上げ参列者らの除災招福などを祈願した

 鶴岡市下川の善寳寺(五十嵐卓三住職)で24日、龍王講秋大祭と同寺を開基した妙達上人の開基祭が行われ、檀(だん)信徒たちが「除災招福」「開運出世」を祈った。

 善寳寺は平安時代ごろに「今昔物語」などにも登場する高僧・妙達上人が草庵を結び、「龍華寺」と名付けたのが始まり。上人は10月に亡くなったとされ、24日を縁日として秋の大祭を行っている。

 この日は庄内一円などから講員や檀信徒ら約50人が参列。初めに本堂で開基妙達上人祭と開基祭大祈祷(きとう)が行われた。御詠歌が奉詠されたほか、五十嵐住職はじめ僧侶約25人が経を読み上げて参列者たちの除災招福や開運出世を祈願した。

 山主あいさつでは五十嵐住職が「台風の影響を心配したが今朝は素晴らしい天気だった。これも妙達上人と龍神様、皆さんの信心のおかげと感謝」と述べ、「信仰の信は任せるという意味がある。お互いが任せたといえる『信の時代』が来ることを祈る」と話した。

 引き続き本堂では参列者の先祖を供養する曼荼羅万灯供養会が行われた。

関連記事

軽石を雑草対策に使用 黒島公民館が試行錯誤

 【黒島】島に漂着した軽石を有効活用しようと、黒島公民館の仲田和則館長は路上の雑草対策として試験的に軽石を使用している。  仲田館長は、島内を通る道路の植栽升で雑草が繁茂し景観を損ねているこ...

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク