全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

麦わらでストロー作り 高校生がワークショップで

麦わらをはさみで切り、ストローを作る熊野高校Kumanoサポーターズリーダー部員(和歌山県上富田町朝来で)

 和歌山県上富田町朝来の熊野高校で13日、同町産の麦わらを使ってストローを作るワークショップがあった。同校のKumanoサポーターズリーダー部員31人が参加し、色や長さがふぞろいで自然な風合いが感じられるストローを作製。プラスチックごみの削減や海洋汚染についても理解を深めた。
 講師を務めたのは一般社団法人「広域連携事業推進機構」(東京都)の副理事・塚田直一さん(45)と、プロデューサーの五箇大成さん(50)。機構では「ふぞろいのストロープロジェクト」として麦わらのストロー活用の促進、廃棄物の削減に向けた啓発、海洋汚染問題への寄与などに取り組んでいる。加工工程の一部を担ってもらうことで、障害者の自立支援を目指す「農福連携」も推進している。
 プロジェクトの一環として全国の学校や企業などでワークショップも開いており、和歌山での開催は初めて。塚田さんと知人で町議の家根谷美智子さん(53)が橋渡しとなり、同校での開催が実現した。
 ワークショップではまず、塚田さんがプロジェクトについて、プラスチックごみによる海洋汚染が発端となって始まったことを説明。大学や行政、生産者、大手企業などが取り組みに賛同して広域連携事業推進機構ができたこと、紀南にも賛同している企業があることなどを紹介した。
 また、五箇さんは「プラスチックのストローが悪いわけじゃない。ごみになる物の取り扱い方を間違っているだけ」と理解を求め、麦わらのストローの作り方について解説。
「国民みんなが1年に1回麦わらのストローを使うことで、年間1億3千万本分のプラスチックを減らすことができる。実際に使ってみて、良かったら周囲に伝えてほしい」と呼びかけた。
 サポーターズリーダー部員たちは、麦わらの節をはさみで切り取って、ストローを作った。2年生の庄司千陽さん(16)は「プラスチックのストローを作るにはいろいろな工程があるけど、麦わらのストローは自分たちでも簡単に作れた。ふぞろいでいろいろな形があるのも良い。また自分でも使ってみたい」。同じく2年生の田中香音さん(16)は「質感が思っていたよりもプラスチックのストローに近くて、すごいと思った。いろんな世代の人にも、海洋汚染やプラスチックごみのことを伝えられるようにしたい」と話した。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク