全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

牛のげっぷメタン削減 可視化システム構築へ

肉牛協組と東農大が連携 ノベルズ音更農場で実証
 全国肉牛事業協同組合は東京農業大と共同で、肉用牛生産における温室効果ガス削減の可視化システム構築に取り組む。牛のげっぷに含まれるメタン削減に向け、メタン抑制が期待される飼料を与えて効果を検証する。ノベルズ(上士幌)の音更農場などで実証する。

温室効果ガス削減可視化システム構築に取り組む関係者。左端は延与シニアマネジャー

 同組合によると、国内の温室効果ガス排出量のうち、畜産由来が占める割合は約1%。温室効果ガス削減が求められる中、牛のげっぷが問題視されることもあり、科学的知見を集めて可視化システムを構築して対応方向を提示する。事業は今年度から3年間で、日本中央競馬会畜産振興事業を活用する。

 実証では、人工ルーメン(第一胃)を使った研究でメタン低減効果が確認されたカシューナッツ殻液を混合した飼料を与え、げっぷに含まれるメタン濃度を測定。ノベルズ音更農場を含む全国3カ所の実証牧場で、黒毛和種と交雑種100頭を対象に、牛群ごとに飼料の量を変更して学術データを収集する。

 また、堆肥処理過程で発生する一酸化二窒素の削減を図るため、3種類の堆肥処理システムを用いて早期好気性発酵処理の効果を測定する。

 17日に都内で事業説明会を開き、同組合の中林正悦理事長は「数字に基づく知見を集め、理解と共感を得られるよう発信したい。科学的根拠が明らかになったものから着実に進めたい」と語った。事業に協力するノベルズの延与猛シニアマネジャーは「持続可能な牛肉販売のため、メタン削減は常々考えていた。メタン問題の改善につながれば」と期待した。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク