全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

古文書から宇部の歴史を読み解く

内田さんと著書

 古文書を読み解き古里の歴史をたどる「石炭都市 宇部市の起源」が、歴史研究者の内田鉄平さん(41)=山口県宇部市厚南中央1丁目=の書き下ろしで、宇部日報社から出版された。「石炭の活用で産業化した経緯を知ってもらいたい」と呼び掛ける。

 内田さんは歴史学博士。宇部フロンティア大特命准教授、別府大文学部非常勤講師を務める。地域の歴史を調べるうち、石炭の歴史に関する研究は不可避だと判断。5年前に執筆に踏み切った。石炭採掘の研究は明治時代以降の近代産業史の中で取り上げるケースが多いが、江戸時代の長州藩の採掘の実態を分析し、地域産業にいかに影響を及ぼしたかを解明したかったという。

 同書は「長州藩における石炭採掘と有帆村」「厚狭毛利家における石炭採掘」「幕末維新期における石炭市場の動向」「明治維新と石炭局の発足」「明治維新と宇部村での石炭採掘」「宇部共同義会への道」の6章で構成している。石炭産業で栄えた宇部市の原点を、江戸時代の長州藩の石炭採掘の実情から明治時代中期の宇部共同義会の設立まで、古文書を解読して紹介。それぞれの炭鉱に採掘の取り決めの実態を解明し、生々しい利権のやりとりなども史料からひもといている。

 内田さんは「石炭事業と言えば、とかく渡辺祐策や福原芳山にスポットが当たるが、採掘の歴史を解説することで古里の歴史も知ってほしかった。江戸時代の石炭関連の記録がほとんど無くて、いろんな史料を解読し、点と点を結んで考察した」と話した。A5判、202ページ。定価2000円(税別)。宇部市、山口市、山陽小野田市の主要書店、宇部日報社で販売。問い合わせは同総務局(電話0836-31-4343)。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク