全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

古文書から宇部の歴史を読み解く

内田さんと著書

 古文書を読み解き古里の歴史をたどる「石炭都市 宇部市の起源」が、歴史研究者の内田鉄平さん(41)=山口県宇部市厚南中央1丁目=の書き下ろしで、宇部日報社から出版された。「石炭の活用で産業化した経緯を知ってもらいたい」と呼び掛ける。

 内田さんは歴史学博士。宇部フロンティア大特命准教授、別府大文学部非常勤講師を務める。地域の歴史を調べるうち、石炭の歴史に関する研究は不可避だと判断。5年前に執筆に踏み切った。石炭採掘の研究は明治時代以降の近代産業史の中で取り上げるケースが多いが、江戸時代の長州藩の採掘の実態を分析し、地域産業にいかに影響を及ぼしたかを解明したかったという。

 同書は「長州藩における石炭採掘と有帆村」「厚狭毛利家における石炭採掘」「幕末維新期における石炭市場の動向」「明治維新と石炭局の発足」「明治維新と宇部村での石炭採掘」「宇部共同義会への道」の6章で構成している。石炭産業で栄えた宇部市の原点を、江戸時代の長州藩の石炭採掘の実情から明治時代中期の宇部共同義会の設立まで、古文書を解読して紹介。それぞれの炭鉱に採掘の取り決めの実態を解明し、生々しい利権のやりとりなども史料からひもといている。

 内田さんは「石炭事業と言えば、とかく渡辺祐策や福原芳山にスポットが当たるが、採掘の歴史を解説することで古里の歴史も知ってほしかった。江戸時代の石炭関連の記録がほとんど無くて、いろんな史料を解読し、点と点を結んで考察した」と話した。A5判、202ページ。定価2000円(税別)。宇部市、山口市、山陽小野田市の主要書店、宇部日報社で販売。問い合わせは同総務局(電話0836-31-4343)。

関連記事

みかわでたべよう!ご当地グルメラリー

蒲郡、岡崎、西尾の3市で開催  蒲郡、岡崎、西尾の3市の商工会議所などは、各市のご当地グルメを食べて行う「みかわでたべよう!ご当地グルメラリー」を行っている。各市から13店舗ずつ参加し、エリ...

紀伊民報社

田辺市街地巡るクイズラリー

 田辺市街地を巡るクイズラリーが18日、闘雞神社(和歌山県田辺市東陽)を出発点にあった。約100人の子どもや保護者らが、クイズを楽しみながら歴史に触れた。  世界遺産闘雞神社創建千六百年記念事業...

荘内日報社

鶴岡「赤川花火大会」県内外から大勢の観客楽しむ

 第29回赤川花火大会が17日、鶴岡市の赤川河川敷で行われた。全国トップクラスの花火師たちによる約1万2000発の花火が打ち上げられた。今年も県内外から大勢の観客が訪れ、会場は満席となる盛況。カウントダウン...

音更・厚内⇔帯広 「国鉄仕様」で貸し切り列車

 私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(音更町柳町南区12)を運営する穂積規さん(59)が同駅の開業5周年を記念し、25日にJR根室線帯広-厚内(浦幌)間で1往復の貸し切り列車「十勝晴号」を運...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク