全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

古文書から宇部の歴史を読み解く

内田さんと著書

 古文書を読み解き古里の歴史をたどる「石炭都市 宇部市の起源」が、歴史研究者の内田鉄平さん(41)=山口県宇部市厚南中央1丁目=の書き下ろしで、宇部日報社から出版された。「石炭の活用で産業化した経緯を知ってもらいたい」と呼び掛ける。

 内田さんは歴史学博士。宇部フロンティア大特命准教授、別府大文学部非常勤講師を務める。地域の歴史を調べるうち、石炭の歴史に関する研究は不可避だと判断。5年前に執筆に踏み切った。石炭採掘の研究は明治時代以降の近代産業史の中で取り上げるケースが多いが、江戸時代の長州藩の採掘の実態を分析し、地域産業にいかに影響を及ぼしたかを解明したかったという。

 同書は「長州藩における石炭採掘と有帆村」「厚狭毛利家における石炭採掘」「幕末維新期における石炭市場の動向」「明治維新と石炭局の発足」「明治維新と宇部村での石炭採掘」「宇部共同義会への道」の6章で構成している。石炭産業で栄えた宇部市の原点を、江戸時代の長州藩の石炭採掘の実情から明治時代中期の宇部共同義会の設立まで、古文書を解読して紹介。それぞれの炭鉱に採掘の取り決めの実態を解明し、生々しい利権のやりとりなども史料からひもといている。

 内田さんは「石炭事業と言えば、とかく渡辺祐策や福原芳山にスポットが当たるが、採掘の歴史を解説することで古里の歴史も知ってほしかった。江戸時代の石炭関連の記録がほとんど無くて、いろんな史料を解読し、点と点を結んで考察した」と話した。A5判、202ページ。定価2000円(税別)。宇部市、山口市、山陽小野田市の主要書店、宇部日報社で販売。問い合わせは同総務局(電話0836-31-4343)。

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク