全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

トカプチ400初開幕 27時間以内で認定 十勝の12市町村全コース

 国の「ナショナルサイクルルート」に昨年指定された、十勝管内南北400キロ余りのコース「トカプチ400」を走破する超長距離サイクリングイベントが、18、19の両日に開かれている。主催団体によると指定後、全域を使った本格的なイベント開催は初めて。管内外の約40人が参加し、さわやかな初夏の風を受けながら完走目指してペダルをこいでいる。

青空の下、愛車にまたがって400キロのコースへ出発する参加者

 イベントは札幌市の一般社団法人オダックスジャパン北海道が主催した、「ブルベ トカプチ400」。「ブルベ」は仏語で認定を意味し、制限時間内に指定コースを完走した人を認定する。レースと違ってタイムや順位は競わず、景観や食を楽しみながら走る。

 トカプチ400は、帯広市を起点に上士幌町から大樹町まで、12市町村を8の字に通過する約403キロのコース。日本を代表する自転車道を国が指定する「ナショナルサイクルルート」に道内で初めて選ばれた。国内では現在6カ所が指定されている。

 同団体はブルベを道内で年20回、十勝管内でも毎年開いており、今回はトカプチ400をなぞるようにコースを設定した。参加者は音更町を発着点に士幌町や帯広市などを走るコースを、18日午前7時から19日午前10時までの27時間以内で走る。

 スタート地点の道の駅おとふけには、18日早朝から参加者が集まり、愛車にまたがって出発。札幌市の会社員中村悠太さん(30)は「十勝は農村地区や山並みなどの自然が多く、解放感があって気持ちがいい。明日は日の出前に戻ってきたい」と話していた。

 イベントの運営を担当した深野慎介さん(55)=帯広市=は「長距離のイベントなので、参加者が安全にゴールできるようサポートしたい。トカプチ400を使ったイベントは来年以降も開催予定なので、今後も盛り上げていけたらいい」と期待していた。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

2年ぶり感謝の熱演 長野県中川村で人形浄瑠璃公演

 長野県中川村の中川人形保存会と村公民館は19日、第9回「中川人形浄瑠璃定期公演」を中川文化センターで開いた。演目は「三番叟」と「傾城阿波鳴門~順礼歌の段」を上演。会場に集まった約70人の観客を前...

北羽新報社

藤里町で3年ぶり「ブナの森マラソン」 白神山地の麓で健脚競う

 藤里町内の森林基幹道米代線(米代フォレストライン)を走る「第9回ブナの森マラソン」は19日行われ、県内外のランナー223人が緑深まる世界自然遺産白神山地の麓で健脚を競った。新型コロナウイルスの影響で3...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク