全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

日勝峠再開は28日 全線対面通行で

清水側8合目の切り土崩壊現場の復旧状況(道開発局提供)

 道開発局は24日、国道274号日勝峠の通行止めについて、28日午後1時に解除すると正式発表した。昨年の台風被害で大きな被害を受けた日勝峠は、約1年2カ月ぶりに上下とも全線対面通行で再開する。

 日勝峠の通行止め区間は日高管内日高町千栄-清水町清水の延長36.1キロ。被害は道路欠損、橋や覆道の損傷など計66カ所に及んだ。

 道開発局は被災後から、今年秋の開通を目標に復旧工事を進め、上空から被害状況を把握するドローン(小型無人飛行機)や3次元レーザープロファイラーなどのICT(情報通信技術)を道内の災害現場で初めて導入。被災箇所の状況や起伏を正確に図面に起こし、盛り土や切り土の工事を行った結果、これまで200日かかっていた工期が30日に短縮した。濃霧の際にも監視員を配置せずに作業を進めることができ、ICTによって全般的に効率化が図られたとしている。

 全線開通について、和泉晶裕局長は「日勝峠は道央と道東を結ぶ大動脈。多くの輸送トラックが通過するため、未曽有の災害は北海道の社会経済に大きな影響を与えた。北海道の道路ネットワークの脆弱(ぜいじゃく)性が露呈したと実感する。改めてネットワーク整備が重要だ」と述べた。

 再開に伴い、気象観測装置を3基から4基に、カメラ(CCTV)を25基から27基に、積雪計を3基から6基に増設し、監視体制を強化する。

関連記事

長野日報社

壁に花を ハンギングバスケットづくり講習会

 長野県伊那市の伊那まちバラ咲く街角連絡協議会は19日、バラ以外の草花で壁掛け式の「ハンギングバスケット」をつくる講習会を同市荒井のセントラルパークで開いた。市内の生花店「サンスイ」から講師を...

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク