全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

未来型空港見学ツアー 商品化目指し実証実験

MRグラスを装着して仮想空間上の飛行機に色を塗る(14日、和歌山県白浜町で)

 和歌山県白浜町の南紀白浜空港で14日、仮想空間と現実空間を融合させた「MR」と呼ばれる最新技術を使った「未来型空港見学ツアー」の実証実験が始まった。来年3月まで運用方法やサービス内容などを検討し、来年度以降の商品化を目指すという。
 実験は同空港を運営する南紀白浜エアポート(白浜町)、NEC(東京都)、凸版印刷(同)、マクニカ(横浜市)、JAL(東京都)の計5社で行っている。MR技術のほか、特定の範囲内で高速・大容量通信が利用できるローカル5Gなどを使用する。
 ツアーでは、参加者が空港のターミナルビル内の一室で「MRグラス」と呼ばれる眼鏡型の端末を装着し、仮想空間上の飛行機に自由に色を塗る。続いて自動運転車両に乗って屋外へ移動し、自分が塗ったオリジナルペイントの飛行機が、実寸大の大きさで空港に着陸する様子を見学する。ツアーの時間は約75分で、複数で参加できる。
 白浜空港では現在、飛行機の離着陸見学など、普段は立ち入りできない空港の裏側を巡るツアーを実施しているが、新たなツアーを追加して拡充を図りたいという。
 エアポートの池田直隆オペレーションユニット長は「地域活性化のためにも空港にたくさんの人が来て、楽しく過ごしてもらいたい。子どもたちにも空港に親しんでもらいたい」と話した。
 8月19~24日(22日を除く)には、一般の人向けにこのツアーの体験会を開く予定。7月中旬にNECのウェブサイトで参加方法を公開する。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク