全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

大物追い掛け「やった!!」 遊佐で恒例 鮭のつかみどり大会

ずぶぬれになりながらサケ捕りに夢中

 遊佐町の「鮭のつかみどり大会」が22日、同町小原田の月光川河川公園内・水路で行われ、町内外から訪れた子どもたちがずぶぬれになりながら体長60センチを超える大きなサケを追い、次々と捕まえていた。

 月光川には各支流を含めて県内で最も多くのサケが遡上(そじょう)する。明治期から始まったサケのふ化事業は現在も続いており、きれいな川と自然の恵みをより多くの人から知ってもらおうと、NPO法人「遊佐鳥海観光協会」(庄司茂正理事長)が、生け捕りしたサケ1匹を持ち帰りできるイベントとして毎年開催している。

 この日は断続的に雨が降るあいにくの天候にもかかわらず、大勢の家族連れが詰め掛けた。網を張って水路の一部を区切り、中に町内の採捕場で捕獲したサケ計240匹を4回に分けて放流。参加者は水路に入って、「来たぞ」「あっちの方が大きそう」などという周囲の声に応え、ずぶぬれになりながら、より大きなサケを狙っていた。

関連記事

長野日報社

「諏訪湖の日」制定を宣言 諏訪で記念イベント

諏訪湖への関心を高めようと定めた「諏訪湖の日」(10月1日)の普及に向け、諏訪湖創生ビジョン推進会議(沖野外輝夫会長)は23日、諏訪湖の日制定記念キックオフイベントを諏訪市湖岸通りのホテル紅やで...

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

アサギマダラ遠くまで飛んで 宮田村でマーキング講習

長野県宮田村は21日、長距離を旅するチョウとして知られるアサギマダラのマーキング講習を同村新田のアサギマダラの里で行った。村内の小学生ら10人ほどが参加。雨の中を飛んできたアサギマダラ1匹を捕ま...

とよかわ冒険スタンプラリー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションアフターキャンペーンに合わせ、昨年に続いて10月1日から12月22日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク