全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

女子IH日本代表、苫小牧で強化合宿 海外遠征での課題修正

苫東高の選手(黒ユニホーム)を交えて行っている女子日本代表の10月合宿

 来年2月の韓国平昌五輪に出場する女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」の国内合宿が23日から、苫小牧白鳥王子アイスアリーナでスタートした。28日までの日程で、25日からは駒大苫小牧高や苫小牧東高など地元高校生との練習試合も組んでおり、五輪対戦国との試合を見据えて強化を図っていく。合宿は28日まで。

 今夏にカナダ、今月上旬にはロシアへそれぞれ遠征し、強化試合などを敢行。中でも直近のロシア遠征では、世界ランキング4位のロシアとテストマッチ2試合を行い、1―4、1―3といずれも敗れはしたが、「スコアチャンスもあり、終盤まで勝つチャンスがある試合ができた。戦い方、気を付けるポイントも得られた」と山中武司監督は前向きに捉える。

 今回の強化合宿では、カナダ、ロシア遠征で課題になったディフェンスゾーンからの球出しや組織だった攻撃を強化する方針。午後は苫東高の男子選手を加えた合同練習の他、駒大苫や苫東高、苫小牧工業高といった地元高校生と合宿後半4日間で4連戦をこなす。その一方で、苫小牧出身のFW久保英恵(西武プリンセスラビッツ)や床秦留可(同)らけが明けの選手もいることから、山中監督は「まだ競争段階なので、いろんな(セットの)組み合わせを試したい。けが明けの選手のプレーテンポも上げていかなければ」と話す。

 6月の合宿時に35人いた代表候補の選手たちは、すでに25人まで絞り込まれた。最終メンバーは23人。平昌五輪まで残り4カ月を切り、生き残りを懸けた各々の戦いも佳境を迎えている。FW高涼風(道路建設ペリグリン)は「昨シーズン、思ったよりもできなかった悔しさをバネに頑張ろうと気持ちを入れ替えてやってきた。ここまで来たので、五輪に出られるように頑張りたい」と意気込みを語った。

関連記事

荘内日報社

酒田産日本酒が初めて中国・唐山市へ

 酒田市の友好都市である中国河北省唐山市に酒田産の日本酒が初めて輸出されることになり18日、輸出記念式典が輸出元である同市黒森の酒蔵「菊勇」(佐藤剛宏社長)で行われ、関係者がさらなる県産品の輸出拡大...

紀伊民報社

小規模修繕は自前で 南紀白浜エアポート

 南紀白浜エアポートは、運営する南紀白浜空港(和歌山県白浜町)内の滑走路や外周道路の小規模な損壊はできるだけ自分たちで修繕するようにしている。業者に頼むより費用を大幅に抑えられ、緊急時でも対応で...

被災地を笑顔に 「仮設の歌姫」奥野さんが復興応援ライブ-厚真

 全国の被災地で歌を届ける活動を展開し、「仮設の歌姫」として知られる大阪府出身の歌手・奥野ひかるさんが17日、厚真町表町公園仮設住宅で胆振東部地震で被災した町民を元気づける復興応援ライブを開いた...

出光道製油所構内、緑地整備に最高位 一般開放や地域交流も評価-都市緑化機..

 苫小牧市真砂町の出光興産北海道製油所は構内の緑地整備が評価され、公益財団法人都市緑化機構(東京)から全5段階の認定制度「社会・環境貢献緑地評価システム(シージェス)」で最高位を取得した。担当者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク