全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

無農薬ワイン 今年も完成 「赤」2種新登場 帯広・あいざわ農園

 あいざわ農園合同会社(帯広市以平町西9線21、相澤一郎代表)は、自社農園で無農薬栽培した2021年産ブドウを使って自家醸造したワインをこのほど完成させた。今年は新たに赤ワイン2種が加わり、ロゼワインなど5種を商品化。7月2日に本社内の相澤ワイナリーで販売会を開く。

ラベル貼りなどを終え、販売を待つ商品を見つめる相澤代表

 あいざわ農園は、一郎氏の父で市内で不動産業を営む龍也氏が、現在地などで約20年前から無農薬でブドウを栽培。15年からは一郎氏が中心に手掛け、19年に十勝管内では56年ぶりにワインの醸造免許を取得し、同所にワイナリーを整備した。ブドウ畑は大樹町内なども含め5.5ヘクタール。

 今年は醸造3年目。これまでのロゼワイン「龍之介」(750ミリリットル3630円)と「サチロゼ」(同3410円)、微発泡ワイン「A-danza Frizzante(アーダンツァ・フリッツアンテ)」(同3190円)に、今回、赤ワインの「きよまいトノト」(同3960円)と「sachirera(サチレラ)」(同5500円)が加わった。

 野生酵母で発酵し、無ろ過・無清澄でびん詰めしているのは共通だが、熟成法に違いがある。また、ロゼ2種とサチレラは山幸100%、微発泡は清舞51%に清見と山幸をブレンド、きよまいは清舞を使用した。

 販売会は午前10時~正午、計約3000本を数量限定で販売する。相澤代表は「原材料などの高騰で昨年より多少値上げしたが、無農薬ワインは手間や希少性を考えると価値がある」とPR。問い合わせは同農園(0155・63・7723)へ。

関連記事

長野日報社

長野県伊那市産ヤマブドウワイン 上々の味「山紫」発売

 長野県伊那市が特産化を進めるヤマブドウ「信大W―3」を使ったワイン「山紫」の販売が23日から、市内を中心に南信地方の酒販店で始まった。昨秋収獲した果実は質、量ともに良好で、今季は過去最多の143...

“スタミナギフト”「肉丼」開発 帯広物産協会と東洋食肉販売

  帯広物産協会(小倉豊会長)が、新商品として豚肉や鶏肉、ハンバーグなどを詰め合わせたギフトセット「十勝の彩スタミナNIKUDON(肉丼)」を開発し、販売している。  「NIKUDON」は帯...

旭山学園自慢の十割そば 清水に17日そば店開店

 清水町内の社会福祉法人清水旭山学園(鳴海孟理事長)が運営する多機能型事業所「旭山農志塾」は、町南4ノ9の国道274号沿いで、そば店「石臼挽き十割そば農志塾」を17日にオープンする。そばの提供の他...

長野日報社

「豊かな香り堪能して」 信州大学農学部でワイン販売

 信州大学農学部(南箕輪村)は14日、学生が昨年秋の実習で収穫したリンゴとブドウを使った2種類のワインの販売を構内の生産物販売所で開始した。ふじを使った「濃厚リンゴワイン」と白ブドウの「ナイアガ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク