全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋で園児に木工教室

ミニイス作りで金づちを手にする園児=塩満保育園で

 豊橋公園で11月4、5両日に開催される「モノづくりフェスティバルinとよはし」(実行委員会主催)を前に、ものづくりを体験してもらおうと、グループ「木好(もっこう)きらく会」(市川和生会長)が豊橋市小池町の塩満保育園で出前教室を開き、園児たちがミニイス作りなどを体験した。  市川会長ら8人が20日、年長児49人にミニイス作りのほか、昔ながらの竹細工「ガリガリトンボ」を指導した。  ミニイスは木製で、園児たちは板にあてた釘(くぎ)を金づちでたたき、「トン、トン、トン」と小気味良い音を響かせた。慎重に打つ子がいたり、勢いよく打って釘を曲げてしまう子がいたり。順番に挑戦したが「何回もやりたい」と関心を寄せていた。  出来上がったイスに座った男の子たちは「気持ちいい」「軽い」などと話し、ご機嫌だった。  ガリガリトンボは、こすると先端部にある羽が回転、園児たちはガリガリと音を立てて回る様子を面白がっていた。  いずれも、フェスティバルのものづくり体験で作ることができる。当日は木工品のほか、手作り雑貨やアクセサリー、陶芸など、手作り品を作っている個人、団体が出展する。ステージイベント、出展者の作品を賞品にした抽選会(5日)もある。  木好きらく会は2006(平成18)年4月、県立東三河高等技術専門校(豊川市)の木材工芸科(当時)の卒業生有志らで発足。木工好きの技術交流の場、木工を通じた社会貢献として活動している。三河地区の団塊の世代が会員の中心となり、昨年、初開催のモノづくりフェスティバルを主導した。

関連記事

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク