全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

南高梅3年続きで高値 出荷初日の数量少なめ

統合選果場に持ち込まれた箱詰めの南高梅。関東や関西の主要市場に出荷される(30日、和歌山県みなべ町気佐藤で)

 JA紀州から出荷される梅の主力品種「南高梅」の今季の取引が30日、関東などの主要市場で始まった。初売りの価格は、2L秀品で10キロ当たり7530円。3年続けての高値となり、農家らは喜んでいる。一方、実太りが遅れていることで、昨年より初日の数量は少なく、Lサイズが多いという。
 農家からJA紀州の統合選果場や集荷場に持ち込まれた青梅は、29日に関東や中京、関西の主要市場に出荷され、30日に初売りがあった。
 中心階級の2Lは7530円で、高値だった昨年初日の7560円とほぼ同額。4Lは8340円、3Lは8150円、Lは6260円、Mは5180円で、同様に昨年と近い価格だった。
 2年前は不作、昨年は市場からの要望が強いということで高値だったが、今季の高値についてJA紀州販売部は「毎年、初日はいい価格になる。ここ3年は特にその傾向だ」と話す。
 出荷は6月10日前後にピークを迎え、7月上旬まで続く。例年なら後半になると価格は下がるが、昨年は6月中旬になっても少し下がる程度だった。販売部は「今季も最後までしっかり売りたい」と力を込める。
 一方、初日の数量は計約20トンで、昨年の初売りの約7割にとどまった。
 2Lが中心なのは変わらないが、平年に比べると3Lが少なく、Lが多い。実太りが遅れているのが要因とみられ、今後、気温が高くなり、雨がある程度降ってくれることに期待したいという。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク