全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

台風接近 雪も警戒 タイヤ交換殺到 十勝

雪に備えタイヤ交換の依頼が殺到し、作業に追われるタイヤ専門店(帯広市内の高橋商事で)

 非常に強い台風21号が北海道に近づいている影響で、21日から22日にかけて、十勝管内では降雪を心配して自動車のタイヤ交換が急増するなど、慌ただしく冬支度が進んでいる。帯広測候所によると、23日は標高の高い山沿いで最大30センチ、帯広市内でも同5センチの降雪を予想している。

 十勝地方は23日の昼前から夜の初めにかけて、台風の影響を最も受ける見込み。同日の降水量は多い所で100ミリ、最大風速は海上で25メートルを予想している。

 突然の雪予報に、冬タイヤへ交換しようと多くの人がタイヤ専門店や自動車ディーラーなどに駆け込んだ。帯広市内のタイヤ館西帯広店では、21日から依頼が急増。本格的な冬を前にしたこの時期は2、3時間待ちでも珍しいというが、「真夜中まで作業を続けても追いつかない状況。こんなことは、いまだかつてなかった」と悲鳴を上げる。市内の高橋商事も「すごく忙しい」と対応に追われ、22日午前は予約が殺到して電話が通じない専門店もあった。

 風が強まることが予想され、秋サケの定置網漁が行われている十勝沿岸でも台風接近への備えが進む。大樹、広尾の両漁協とも22日までに、それぞれ5カ統、7カ統ある全ての網を引き揚げた。

 また、衆院選投票日となった22日も悪天候が予想された影響からか、21日の帯広市内の期日前投票所はにぎわった。帯広市選挙管理委員会によると、21日にイトーヨーカドー帯広店に設置した期日前投票所に訪れた人は2239人で、8日間開設した同所の1日平均(約1233人)を大きく上回った。市選管は「もともと投票日前日に期日前投票する人は多い」とし、天候の影響があったかは分からないという。

関連記事

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク