全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

初の県民パラスポーツ大会 世代、障害に関係なく交流【宇部】

狙いを定めて球を投げる参加者(パルセンター宇部で)

 第1回県民パラスポーツ大会が29日、宇部市西平原4丁目のパルセンター宇部で開かれた。市内を中心に24チーム94人が参加。東京パラリンピックで正式競技だったボッチャで、世代や障害にかかわらず競い合い、交流を楽しんだ。NPO法人D-SHⅰPS32(ディーシップスミニ、上原大祐理事長)主催。

 パラスポーツを通じて、障害者と健常者が経験を共有してほしいと、県内で初めて開催。投げるボールと、目印となるジャックボールとの距離の近さを競うボッチャをリーグ戦形式で行った。

 チームごとに相談しながらボールを軽く投げたり、転がしたりした。ジャックボール付近に止まると、対戦相手も一緒になって称賛するなど、和気あいあいとした雰囲気で進行した。

関連記事

紀伊民報社

梅とミカンの魅力PR 小学生が電子ポスター

 和歌山県田辺市の会津小学校(下万呂)の4年生(64人)が梅とミカンの魅力をまとめた「ムービングポスター」(電子ポスター)をJR紀伊田辺駅、田辺エンプラス、市役所、市立武道館の4カ所で上映してい...

荘内日報社

山形在来作物研究会が文化庁認定 食文化「知の活用」振興優良事例

“在来品種は生きた文化財”伝承 保存の必要性や地域振興への取り組み評価  在来作物の存在を広めた山形在来作物研究会(会長・江頭宏昌(ひろあき)山形大学農学部教授)が、文化庁の「食文化『知の活用』振...

宇部日報社

自転車ヘルメットが品薄状態 4月から着用努力義務【宇部】

全年齢に拡大受け、需要増  道路交通法の改正に伴い、4月1日から自転車でのヘルメット着用が努力義務化される。宇部警察署(錨敏之署長)では、市内の学校や自転車販売店などにチラシを配って法改...

勇払に桜花を咲かせる会が今月末で解散 会員の高齢化 苫小牧

苫小牧市勇払地区の住民らで構成する「勇払に桜花を咲かせる会」(宇野元会長)が、今月末で解散する。11年間で市道勇払沼ノ端線沿いの約2キロ区間にサクラを約200本植樹し、手入れも続けてきたが会員の高...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク