全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ロケ誘致で持続可能な地域 映画撮影地巡り考える 長野県富士見町

ロケーション撮影を支援している今井建設社長の今井正和さんの案内で「中学林」の撮影地を巡る参加者=29日、富士見町境

 長野県富士見町で協働のまちづくりを目指して活動する「みんなの富士見」は29日、「富士見ロケ地SDGsツアー」を開いた。諏訪地方を中心に県内外から定員いっぱいの約30人が参加。セットの制作や設営などでロケーション撮影を支援する「今井建設」(同町上蔦木)社長の今井正和さんらの案内で、大野智さん主演の映画「忍びの国」などが撮影された地に足を運び、ロケ誘致を通じた持続可能な地域づくりを考えた。

 富士見高原リゾート「八峯苑鹿の湯」を発着点に、バスと徒歩で「忍びの国」「関ケ原」、NHK大河ドラマ「真田丸」などが撮影された中学林、映画「キングダム2」撮影地の西学林へ。同施設支配人の藤田然さんも案内人を務めた。

 今井さんは、写真を使って準備から撮影までの流れや舞台裏の取り組みを紹介。中学林の広大な草地には現在、太陽光パネルが並ぶが、かつては「360度全てに近代的構造物が見えず、時代劇などのロケで選ばれていた」とした。「下草刈りなどの費用を制作会社側が出してくれる。里山も整備できて、ロケもできて一石二鳥」とも強調した。

 俳優陣が立った場所で記念写真を撮る参加者の姿も。町内で活躍する「縄文人ムサイさん」にも似た忍者が、大野さんの”代役”としてツアーに同行した。八峯苑鹿の湯が用意したロケ弁を昼食で味わい、ロケ誘致による地域活性化やSDGsとの関係性も考え合った。

 「エンドロールの撮影協力は必ず見る。きょうは貴重な体験ができた」と茅野市中大塩の70代夫婦。「暇な時間はあるので、ロケ地の整備に協力し、ロケによる活性化に貢献できればうれしい」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク