全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

伊那市ドローン・フェス最終日 地方都市での活用探る

パネルディスカッションでドローンの可能性を探ったシンポジウム

 「ドローン・フェス in INA Valley」(伊那市主催)は最終日の21日、「ドローンが切り拓く今後のビジネスの変化と展望」をテーマにしたシンポジウムを、伊那市高遠町の高遠さくらホテルで開いた。基調講演やパネルディスカッションで地方都市におけるドローンの新たな可能性を探った。

 基調講演では、東京大学大学院工学研究科教授で日本UAS産業振興協議会の鈴木真二理事長と、国土交通省総合政策局物流政策課企画室の大庭靖貴課長補佐が、空撮、輸送などにおけるドローンの可能性を説明。航空法上の規制など課題や今後必要な性能の向上を示しながら、「これまで実現不可能と思われていた社会の実現が可能になる」と説いた。

 パネルディスカッションでは、白鳥孝伊那市長や国交省、日本郵便、NTTドコモの担当者がドローンの取り組みを発表。国交省はドローンの物流事業への活用を視野に、国内各地で実証実験を行っており、伊那市でも実施。日本郵便では小規模郵便局から主要郵便局への書簡輸送をドローンで行う検討に入っているという。

 南アルプス北部地区山岳遭難防止対策協会の会長も務める白鳥市長は遭難者の検索へのドローン活用などを示し、「地域の課題解決のために最新技術を導入したい。困ったことを技術に置き換えると必ず解決策はある。可能性は無限だ」と話した。シンポジウムにはフェスに参加したドローン技術者や行政、一般市民など約150人が参加した。

 フェスは獣害対策への活用を探る「鹿検知コンペディション」「最新技術デモンストレーション」「子ども向けの体験ラボ」などを実施。同市長谷などを主会場に4日間に渡って行われた。

関連記事

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

荘内日報社

地元役者 迫真の演技に拍手

 鶴岡市温海地域の戸沢地区に伝承されている「戸沢花胡蝶歌舞伎」の公演が16日、地元の戸沢自治公民館で行われた。地元住民ほか市内の児童館に通う小学生も観劇に訪れ、約70人の観客が地元役者の2時間にも及ぶ熱...

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク