全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

舟こぎ競争、3年ぶり開催へ 奄美まつり パレード、八月踊りは見送り

規模縮小し、3年ぶりに開催される奄美まつりの舟こぎ競争(資料写真)=2019年8月3日、鹿児島県奄美市名瀬

 鹿児島県奄美市の奄美まつり協賛会(会長・安田壮平奄美市長)の2022年度総会が27日、奄美市役所会議室であり、今年の「第59回奄美まつり」は規模を縮小して8月5、6の両日に開催する方針を固めた。名瀬、住用、笠利の3地区で花火大会を開催し、3年ぶりとなる舟こぎ競争を名瀬港佐大熊地区で実施する。一方、恒例のパレード、八月踊りは新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から実施を見送ることとした。

 長引くコロナ禍の中、奄美まつりは20年度は中止。21年度は関連イベントとして、奄美大島5市町村連携による花火大会を11月に開いた。

 今年の花火大会は見物客を分散させ、密を避けるため、8月5日午後8時から名瀬商港区、笠利宇宿漁港、住用町内海の3地区で同時開催する。時間は約15分間。

 市内の事業所などに対して例年行っている花火の寄付金募集は、コロナ下での厳しい経済状況なども考慮し、今回は実施しない。

 舟こぎ競争は、8月6日午前中の半日開催で、出場チーム数を制限して行う。プログラムや感染症対策のルールなどの詳細は今後、奄美舟こぎ協会や名瀬保健所、市の担当課などで協議していく。

 パレードは、不特定多数の人が会場周辺に集中することが予想され、「観客側」でのソーシャルディスタンスの確保などが難しいと判断。八月踊りも同様の懸念に加え、発声や水分補給、バス利用など感染につながる危険要素が多く、重症化リスクの高い高齢者も大勢参加が見込まれることなども踏まえ、実施見送りを決めた。

 総会出席者からは「世の中の流れとしてアフターコロナへ進んでいる中、(パレードや八月踊りは)『コロナだから中止です』では納得できない市民もいる。市民に対し、丁寧な説明による周知を心掛けてほしい」といった意見があり、市側も「しっかり説明していきたい」と応じた。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク