全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

雨の中「豊橋まつり」

雨の中で行われた「総おどり」=駅前大通りで

 市民まつり「第63回ええじゃないか豊橋まつり」(豊橋まつり振興会主催)が22日、豊橋市中心街を会場に開催された。台風接近で雨の降るあいにくの天候となり、予定した22日の行事は全て中止となった。  メイン行事「総おどり」は午後6時半、予定通り行われ、駅前大通り、広小路通りは熱気に包まれた。  今年は駅前大通りのコースが豊橋駅側に延び、史上最長。約1万6550人(主催者発表)が参加し、「新・鬼祭り」や「豊橋音頭」など4曲に合わせて踊った。住民や職場仲間のグループなどが、降りしきる雨に体を濡らしながら息の合った踊りをみせた。  一方、豊橋公園内の豊橋球場で朝に行われたオープニングセレモニー。佐原光一市長が開会を宣言した。ミスみなとの港の女王・新田有紀さん、船の女王・伊藤実峰さん、海の女王・佐野友希さんらも花を添え、市内校区選出のまつりの華・クイーンらが華麗なダンスを披露した。  まりつのコンセプトになっている「ええじゃないか」は幕末に豊橋で起こった民衆運動で、ちょうど150年の節目。1867年、豊橋市に伊勢のお札が降ったことから始まったとされる。「ええじゃないか宣言」を行ったほか、会場でも札がまかれ、児童たちがダンスを披露した。  この日は、昨年を10万8000人下回る約16万2000人の人出だった。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク