全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

雨の中「豊橋まつり」

雨の中で行われた「総おどり」=駅前大通りで

 市民まつり「第63回ええじゃないか豊橋まつり」(豊橋まつり振興会主催)が22日、豊橋市中心街を会場に開催された。台風接近で雨の降るあいにくの天候となり、予定した22日の行事は全て中止となった。  メイン行事「総おどり」は午後6時半、予定通り行われ、駅前大通り、広小路通りは熱気に包まれた。  今年は駅前大通りのコースが豊橋駅側に延び、史上最長。約1万6550人(主催者発表)が参加し、「新・鬼祭り」や「豊橋音頭」など4曲に合わせて踊った。住民や職場仲間のグループなどが、降りしきる雨に体を濡らしながら息の合った踊りをみせた。  一方、豊橋公園内の豊橋球場で朝に行われたオープニングセレモニー。佐原光一市長が開会を宣言した。ミスみなとの港の女王・新田有紀さん、船の女王・伊藤実峰さん、海の女王・佐野友希さんらも花を添え、市内校区選出のまつりの華・クイーンらが華麗なダンスを披露した。  まりつのコンセプトになっている「ええじゃないか」は幕末に豊橋で起こった民衆運動で、ちょうど150年の節目。1867年、豊橋市に伊勢のお札が降ったことから始まったとされる。「ええじゃないか宣言」を行ったほか、会場でも札がまかれ、児童たちがダンスを披露した。  この日は、昨年を10万8000人下回る約16万2000人の人出だった。

関連記事

カンムリワシ号を運航 JTAが八重山球児の活躍祈念 県高校野球

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は、4日開幕の「2020沖縄県高等学校野球夏季大会」に出場する八重山3高校の球児と監督、保護者らを乗せたチャーター便「カンムリワシ号」を3日午前、運航させ...

長野日報社

遠照寺開創1200年記念に連鶴 富士連鶴の会が奉納

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺に3日、同寺開創1200年を記念し、連鶴49個が奉納された。連鶴は静岡県富士市の「富士連鶴の会」が制作。1枚の紙から作り、数羽の鶴がつながっている連鶴が、1200...

荘内日報社

鶴岡慶應先端研 高齢者対象に楽しく学ぶ勉強会

 高齢者を対象に、オンライン会議システムの立ち上げを体験的に学ぶ勉強会「やてみねが(やってみないか)オンライン」が3日、鶴岡市馬場町の慶應義塾大先端生命科学研究所センター棟で行われ、同大の社会人大学...

紀伊民報社

わくわくするまちに 白浜でオンライン会議

 和歌山県白浜町の明るい未来を語り合うオンライン会議「第1回南紀白浜ビジョンミーティング」が2日にあり、町内外から150人が参加した。それぞれの未来像を共有し、協力して実現する仕組みづくりが目的...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク