全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「関川しな織まつり」新センターで開幕

今年8月にリニューアルオープンしたばかりのしな織センターで初の開催

 鶴岡市関川地区に受け継がれる国の伝統的工芸品「羽越しな布」の魅力を伝える「関川しな織まつり」が21日、同地区の関川しな織センターを主会場に始まった。22日(日)まで2日間の日程で、しな織製品の販売や織り体験、秋の地元の味覚の販売などを繰り広げている。

 同まつりは、関川地区の女性たちで受け継がれてきた伝統工芸のしな織の魅力を広く知ってもらい、振興を図ろうと1989年にスタート。今年で29回目を迎え、関川地区の地域挙げたイベントとして若手から高齢者までが参加した実行委員会(五十嵐茂久実行委員長)を組織し企画。今年8月にリニューアルオープンしたばかりのしな織センターで初の開催となった。

 初日の21日は午前10時の開会から女性客らが訪れ、帽子やバッグ、帯といったしな織製品を手に取って品定め。会場では公募で選ばれた鶴岡市国際交流員のミヨ・サラさん(24)と、祖母が福栄地区出身という青塚麗愛(りお)さん(22)=酒田市=の2人が「しな織姫」として登場。かすりの着物に赤い前掛け姿で機織りを実演し、訪れた人たちが興味深そうに織りの工程を眺めていた。

 同センター周辺では原木ナメコやとち餅、温海かぶの漬物、塩蔵の山菜などの特産品市も行われている。22日午後3時まで。

関連記事

長野日報社

「諏訪湖の日」制定を宣言 諏訪で記念イベント

諏訪湖への関心を高めようと定めた「諏訪湖の日」(10月1日)の普及に向け、諏訪湖創生ビジョン推進会議(沖野外輝夫会長)は23日、諏訪湖の日制定記念キックオフイベントを諏訪市湖岸通りのホテル紅やで...

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

アサギマダラ遠くまで飛んで 宮田村でマーキング講習

長野県宮田村は21日、長距離を旅するチョウとして知られるアサギマダラのマーキング講習を同村新田のアサギマダラの里で行った。村内の小学生ら10人ほどが参加。雨の中を飛んできたアサギマダラ1匹を捕ま...

とよかわ冒険スタンプラリー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションアフターキャンペーンに合わせ、昨年に続いて10月1日から12月22日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク