全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

全国石炭産業関連博物館が交流研修

船から工場群を眺める参加者たち(21日午前10時ごろ、宇部港沖で)

 山口県宇部市が炭鉱閉山50年と沖ノ山炭鉱創業120年の節目を迎えるのを記念して、全国石炭産業関連博物館等研修交流会(全炭博研)が市内を中心に開かれている。21日は宇部港コンビナートクルージングがあり、工場群を船から眺めながら、工業都市としての宇部の歩みを学んだ。研修交流会は23日まで。

 全炭博研は、石炭産業の歴史と文化を後世に伝える活動をしている博物館や研究者、団体などで構成し、全国各地の旧産炭地で毎年、研修交流会を開いている。今回は北海道から長崎県までの博物館学芸員や大学関係者ら63人が参加し、20日から3泊4日の日程で石炭記念館や宇部興産、長生・昭和炭鉱跡を訪ねる。クルージングには44人が参加し、工場群を船から見学しながら、沖ノ山炭鉱の創業理念や宇部興産の歴史、宇部方式などについて、エスコーターから説明を受けた。全炭博研の石川孝織会長(釧路市立博物館学芸専門員)は「先人が100年先を見越して、工業都市として歩みを進めてきた宇部には学ぶべきところが多い」と感想を述べた。

 22日午後1時半からは関連シンポジウム(参加無料、一般参加歓迎)が、ときわ湖水ホールで行われる。

関連記事

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

太田家に産声10人目 幕別の大家族

 幕別町で暮らす大家族、太田さん一家に10人目の赤ちゃんが誕生した。善之さん(40)=会社員=と裕美さん(39)夫妻の八男となる男児が13日午後3時7分に帯広市内の慶愛病院で生まれ、一家は12人家...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク