全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

朝霧十勝を包む 週明けに雪も

朝霧に包まれた帯広市内。ライトを点灯しながら走る車が目立った(大通南29付近の国道236号)

 十勝地方は21日朝、前日の降雨の影響で湿った空気が残り、夜間の気温低下で霧が発生。帯広測候所では午前5時半から同9時10分まで霧を観測した。

 この日朝の管内の最低気温は陸別1.6度、幕別町糠内3.0度、帯広6.0度など。前日より4~8度高くなった。

 同測候所によると、午前6時時点で観測した視程距離は100メートル。国道236号など市内は早朝から霧が立ち込め、通行する車はライトを点灯するなど注意しながら走行していた。

 非常に強い台風21号が日本列島に近づき、北海道にも接近する可能性があるため、同測候所によると、十勝地方は22日はくもり時々雨、23日は雪か雨と予報している。

関連記事

長野日報社

国道伊南バイパス、リニア県駅まで延伸 期成同盟会設立へ

 飯島町、中川村と下伊那郡松川町、高森町は7月10日、国道153号伊南バイパスを飯田市に設置されるリニア中央新幹線の県駅まで延伸させることを目指し、「国道153号下市田・本郷間改良促進期成同盟会...

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク