全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

防災ヘリ墜落事故で亡くなった隊員の消防学校同期 追悼植樹

県消防学校敷地内に桜の木を植える36期生

 3月の県消防防災ヘリ墜落事故で亡くなった隊員らと県消防学校初任科第36期で同期だった20人が20日、長野市の同学校で追悼の植樹を行った。仲間の魂を永遠に見守り続けようと、桜2本とサツキツツジ34本を敷地内に植えた。

 亡くなった9人のうち隊員2人が36期生だった。24年前、志を抱いた若者たちが出会った場所に再び集まり、当時の厳しい訓練や励まし合った思い出などを胸に植樹作業。「これから入校する後輩の姿を見守って」と願いを込めて、仲間の魂にささげる36本の木を植えた。

 同期の年長者で長野市消防局篠ノ井消防署塩崎分署の北村孝一分署長(53)は「9人のことを忘れないでほしいという願い。これまで、どれだけの人の命を救ったのだろうと思うと…」と言葉を詰まらせる。

 諏訪広域消防茅野消防署の篠原真二庶務係長(49)は「2人は救助大会でも成績を残すなど、同期として誇らしかった。出会った場所で、みんなと一緒に何かやりたかった」と話し、仲間と作業の手を動かした。

関連記事

紀伊民報社

ラグビーW杯 合宿のナミビア応援

 和歌山県上富田町朝来の上富田文化会館で22日、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に備えて同町で調整していたナミビア代表の1次リーグ初戦を応援するパブリックビューイング(PV)があった。試合...

荘内日報社

保育園児がせっけん作り  しな織の里・鶴岡市関川

 しな織の里・鶴岡市関川に隣接する木野俣の福栄保育園(五十嵐美智園長)で20日、シナノキの花を使用したせっけん作り体験が行われた。6月下旬にシナノキの花を摘み、乾燥などの作業を手伝った園児たちは、花を...

宇部日報社

山陽オート舞台裏探るツアーにファン歓喜【山陽小野田】

 産業観光バスツアー「山陽オートバックヤードを探る」は23日、山陽小野田市埴生の山陽オートレース場であり、全国から参加したオートファン22人がレースで使われる本物のバイクにまたがったり、走路内か...

秋の実り体感 幕別途別小の水田稲刈り

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童27人)で24日、学校水田の稲刈りが行われた。秋晴れの下、児童は立派に実った稲を次々と刈り取り、収穫の喜びを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク