全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

宮坂製糸シルク工房の会 農林水産大臣賞受賞 長野県

農林水産大臣賞を受賞した宮坂製糸所の髙橋耕一社長(右)と宮坂照彦会長

長野県岡谷市郷田の宮坂製糸所が取りまとめる蚕糸絹業提携グループ「宮坂製糸シルク工房の会」が、第10回蚕糸絹業提携確立技術・経営コンクール(一般財団法人大日本蚕糸会主催)で最高賞の農林水産大臣賞を受賞した。23日は同製糸所の髙橋耕一社長(56)と宮坂照彦会長(83)が市役所を訪問し、今井竜五市長に受賞を報告した。

同コンクールは、高度な養蚕技術や経営手法で純国産絹製品の生産・販売に携わるグループや養蚕農家を表彰するもの。今回受賞したグループは、県内を中心に生産された繭を扱う宮坂製糸シルク工房の会と、千葉県内の繭を扱う会の2団体を統括したグループ。構成する養蚕農家はJA上伊那、JAみなみ信州、JA千葉などの計14戸となっている。

同グループを代表する宮坂製糸所は、多様な繰糸機械を使用し、小ロット多品種の生糸を生産。2014年からは岡谷蚕糸博物館に併設され、動態展示によりシルクの啓発にも一役買っている。このほか製品化、販売まで手掛ける一貫した取り組みも評価された。

同市が進める岡谷シルク推進事業でも大きな役割を果たしている。今井市長は功績をたたえ「岡谷シルクブランドやシルクの魅力の発信に協力してもらい、ありがたい。宮坂製糸所なくては岡谷のシルク事業の推進はなく、今後も協力をお願いします」と感謝した。

同コンクールへの応募は今回が初めて。髙橋社長は「受賞は養蚕農家や市、製品化してくれる人たちの協力のおかげ。今後もつながりを大事に操業したい」、宮坂会長は「グループ全体の協力の下で事業が行われており、関係を大切に今後も進めたい」とそれぞれ話していた。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク