全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビング)」を、市内西16北1にオープンする。自社商品の開発・販売に加え、スタジオ機能を持たせ、ライブコマース(商品販売配信)などオンラインと融合したビジネスも推進していく。

横幅が十分にあり、ゆったりと座ることができる1人用サウナ

 スロウは「北海道の足元の豊かさに光をあてる」などを編集理念に2004年、同社の出版レーベル・クナウマガジンが発行。これまでも発掘した生産者や作家などの商品を通販やイベントなどで発信してきた。

 店内で取り扱う作家、生産者は約140軒(うち十勝は26軒)で委託販売方式。陶器など一点ものが多く、土日は全道のパンを週替わりで販売する。月替わりで企画展も開催。チーズやジャムなどもそろえる。

 店舗の場所は本社東側、元機械会社跡の自社物件。鉄骨造り平屋で面積は約138平方メートル。今年に入り工事費約1500万円をかけ改装した。

 店内には加工設備も併設し、第1弾の自社開発商品がスコーン。メモノートなどの紙雑貨も製作、今後はプライベートブランドも新設する計画。大型モニターを設置し、スタジオとしてリアル・オンラインそれぞれの事業拠点としていく。

 27~29日は開店記念イベントとして、先着100人にミニスコーンや高原社長プロデュースの水出しコーヒーなどを贈呈する。スロウ編集部の猿渡亜美課長は「雑誌スロウの世界観を体現するリアルメディア。今後も取扱商品を増やしていく」としている。午前10時~午後6時、火・水曜定休。電話080・9614・8303。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク