全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

今季の運航が始まった然別湖の遊覧船

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。

 遊覧船は、鹿追の然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運航。来年で“還暦”を迎える。過去には船上結婚式が行われたこともある。

 同ホテル前の桟橋発着で1周約40分。同ホテル統括部長の井上貴生さんは「季節によって湖岸のエゾムラサキツツジ、シャクナゲ、秋の紅葉と湖上からしか見られないすばらしい景色を楽しめる」と話す。

 同日は午前10時発の今季初便前に、関係者が遊覧航路を試験運航し、船体や航路上の状況を確認。船上で安全を祈願した後、救命胴衣の数など安全装備品を念入りにチェックした。知床での遊覧船事故があっただけに、関係者にとっては例年以上に気を引き締めての船出となった。

 初便に乗船した旭川市の北拓弥さん(31)、沙夜香さん(36)夫妻は遊覧船を楽しむために然別湖を訪れた。沙夜香さんは「思ったより乗り心地が良かった。歴史などが分かる船内放送も良かった」と話していた。

 午前8時~午後4時まで1時間ごとに運航。大人1100円、小学生550円。強風など天候によって運休する場合もある。

 問い合わせは同ホテル(0156・67・2211)へ。

関連記事

長野日報社

蓼科湖で数十年ぶり花火大会復活 10月に大型イベント 長野県茅野市

長野県茅野市郊外の蓼科湖で10月15日、湖上花火大会が数十年ぶりに復活することが、20日に同市のマリオローヤル会館で開いたちの観光まちづくり推進機構(DMO)第5回定時社員総会で明らかになった...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

長野日報社

富士見高原リゾート シャクヤクが見頃 長野県

 長野県富士見町境の富士見高原リゾートで、花の里「白樺エリア」に植わるシャクヤクが見頃を迎えている。淡いピンクや白、赤色などの大輪が緑の中で映え、訪れた人たちが鮮やかな花色と甘い香りを楽しんで...

長野日報社

農村歌舞伎の舞台を宿に 長野県岡谷市の建物改修、一棟貸し

 古材や古道具のリサイクルショップ「リビルディングセンタージャパン(リビセン)」(長野県諏訪市小和田)が、農村歌舞伎の舞台として江戸時代に造られた岡谷市湊の建物を改修し、一棟貸しの簡易宿泊施設と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク