全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

大島紬を使った生地で仕上げられた特別仕様車のフロアシートと座席部分(栄秀吉さん提供)

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が古い紬を裂いて織った生地を、シートのファブリック部分やフロアシート、天井などの素材に使用。米ニューヨークのショールームで17、18の両日にあった車両の披露イベントでは、元社長(40)が織り機を持ち込んで生地製作を実演し、来場者の注目を浴びた。

 「フェラーリ・ローマ」と命名された特別仕様車は、フェラーリ社とニューヨークのインターネットメディアCOOL HUNTING社の共同企画により製造された世界で1台だけのオーダーメード車両。元さんは、藍色の車体になじむよう藍染めと泥染めの2種類の古い大島紬を細く裁断し、イタリア製の糸で織り上げた。

元允謙社長(栄秀吉さん提供)

 18日にはトークイベントもあり、イタリアのデザイナーや企画者と共に元社長も参加した。元社長は「大島紬の新たな可能性を探りたい」と話し、イタリアと日本の技が出合った経緯や、大島紬の歴史や背景なども説明。イベントの様子は現地のテレビ番組でも放映された。

 イベントに参加したニューヨーク奄美会の栄秀吉会長は「ニューヨークに長年住んでいるが、ここまで大規模に奄美の伝統工芸が紹介されたのは快挙だ。奄美の豊かな伝統文化が海外から賞賛された事を誇りに思う」と話した。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク