全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鮮やかな赤紫色 平田赤ねぎ収穫始まる

平田赤ねぎが収穫期を迎え、作業に追われる生産者=19日午前、酒田市飛鳥

 酒田市平田地域特産の「平田赤ねぎ」の収穫作業が始まった。今年は順調に生育し、品質も上々という。

 江戸時代末期、北前船で訪れた上方商人が平田・飛鳥の船着き場で、湧き水を飲ませてもらったお礼に種を置いていったのが起源といわれる。枝分かれしない一本ネギで、太く、皮が赤く、生で食べるとシャキシャキした辛み、火を通すとトロリとした甘みが際立つ。

 収穫初日の19日は午前11時ごろからパートを含め約10人が、ほ場端でシャベル、他は収穫機を付けたトラクターで土を掘り起し、収穫した。泥が付いた表皮をむくと、鮮やかな赤紫色が表れ、生産者たちは満足そうに目を細めていた。

 今年は播種を遅めにして活着を良くし、夏場は比較的穏やかな天候に恵まれたこともあり、生育は順調。収穫は例年より4日ほど早いという。

 21日から主に首都圏向けに出荷し、次第に地元のスーパー店頭などにも並ぶ。収穫は、来月中旬がピークで、12月半ばまで。10トン前後の収穫を見込む。

関連記事

荘内日報社

酒田産日本酒が初めて中国・唐山市へ

 酒田市の友好都市である中国河北省唐山市に酒田産の日本酒が初めて輸出されることになり18日、輸出記念式典が輸出元である同市黒森の酒蔵「菊勇」(佐藤剛宏社長)で行われ、関係者がさらなる県産品の輸出拡大...

紀伊民報社

小規模修繕は自前で 南紀白浜エアポート

 南紀白浜エアポートは、運営する南紀白浜空港(和歌山県白浜町)内の滑走路や外周道路の小規模な損壊はできるだけ自分たちで修繕するようにしている。業者に頼むより費用を大幅に抑えられ、緊急時でも対応で...

被災地を笑顔に 「仮設の歌姫」奥野さんが復興応援ライブ-厚真

 全国の被災地で歌を届ける活動を展開し、「仮設の歌姫」として知られる大阪府出身の歌手・奥野ひかるさんが17日、厚真町表町公園仮設住宅で胆振東部地震で被災した町民を元気づける復興応援ライブを開いた...

出光道製油所構内、緑地整備に最高位 一般開放や地域交流も評価-都市緑化機..

 苫小牧市真砂町の出光興産北海道製油所は構内の緑地整備が評価され、公益財団法人都市緑化機構(東京)から全5段階の認定制度「社会・環境貢献緑地評価システム(シージェス)」で最高位を取得した。担当者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク