全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ばんえい十勝 空から観戦 ドローン撮影を実証実験

上空からドローンで模擬レースを撮影した写真(帯広市提供)

 ばんえい十勝(帯広市主催)は20日、ドローンを活用したレース映像撮影の実証実験を行った。昨年12月に初回の実験を行い、今回は2回目となる。帯広競馬場で「楽天競馬」を運営する競馬モール株式会社と2013年から毎年共同で行っている地域振興策「ばんえい十勝応援企画」の一環。

 ばんえい十勝応援企画は楽天競馬でばんえい競馬の馬券を購入した際の売上金の一部を積み立て、さまざまな施策を行っている。今回はファンがレースを普段見ている定点カメラの映像だけではなく、別の角度でより臨場感を持って楽しんでもらうことが目的。

 使用したドローンはDJI社の「Mavic3」。前回の実験で何種類か試行し、競走馬と騎手への影響を最小限に抑えるため、音が小さい小型の同機種が選ばれた。

 午後3時ごろに5頭立てで模擬レースがスタート。ドローンは馬が興奮しないよう、1枠から外側約7メートル、上空15メートルの場所で浮上し、操縦を担当した楽天の寺師弘樹さんはスタンド反対側のコース外に位置して撮影した。特にトラブルはなく、模擬レースは終了。寺師さんは「1、2回目と事故なく無事終了したが、相手は生き物。これから何度も実験を重ね、より安全に撮影できるようにしていく」と話した。

模擬レースの撮影に使用したドローンを手にする担当者

 同社事業統括課の新名貴之さんによると、実際のドローン活用については模索中。ファンがレースを見返す際に、上空からの別アングルで勝ち負けに至った理由をより深く知ってもらうなど、ネットなどで視聴できるようにする見込み。

 ばんえい振興室の滝沢仁室長は「模擬レースで走ったのは古馬だったが、新馬は音などにより敏感でさらに撮影は難しくなる。馬と騎手への影響を考慮し、ファンのためにもドローンを活用した映像を提供できるよう協力したい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク