全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

〝サンゴの道〟出現 奄美大島・宇検村 焼内湾の枝手久島とつながる

枝手久島へと続く〝サンゴの道〟=18日午後2時半ごろ、鹿児島県宇検村

 潮の干満差が大きくなった18日、鹿児島県宇検村の宇検集落と枝手久(えだてく)島は2時間余り、〝サンゴの道〟で結ばれた。梅雨の晴れ間に磯遊びや潮干狩りをして楽しむ人たちの姿も見られた。

 枝手久島は宇検村の焼内湾の入口に位置し、周囲約13キロ、面積約5・45平方キロにおよぶ無人島で、別称「イダト(イザト)バナレ」。東シナ海より打ち寄せる荒波や風を遮り、天災から集落を守る「神宿る島」として、地元の人々に愛されてきた。また、この島から奄美大島と徳之島にハブが渡ったという言い伝えも残る。

 〝サンゴの道〟は、引き潮で潮位が下がり、内海と外海を隔てる礁嶺(しょうれい)が現れたもの。「トンボロ現象」と呼ばれる。地元の人によると、潮位がマイナス10センチ以上になるのは数年ぶりで、気象条件が整わないと道は現れないという。

 倉木崎海底遺跡に興味を持ったことから〝サンゴの道〟の存在を知ったという、奄美市笠利町の大山由美子さん(44)は「普段は遠くから眺めるだけだったが、道が現れたことで遺跡の近くを探索するがことでき、うれしい限り」と夢中で海の中をのぞき込んでいた。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク