全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県諏訪市の諏訪湖サマーナイト花火 7月24日から

諏訪市の諏訪湖で7月24日から始まる諏訪湖サマーナイト花火(写真は昨年の様子)

 長野県諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくるサマーナイト花火実行委員会は19日、諏訪市の諏訪湖畔で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」の開催概要を発表した。7月24~31日と8月16~27日の計20日間、毎日午後8時30分から約500発の花火を10分間打ち上げる。8月1~15日の第74回諏訪湖祭湖上花火「The Legacy」(市などでつくる実行委員会主催)と合わせると、35日間にわたって諏訪湖の夜が花火に彩られることになる。

 花火を目玉に誘客を図ろうと、2002年に「サマーナイトファイヤーフェスティバル」の名称で始まり、今年で20年目。新型コロナウイルスの影響で20年は中止となり、21年は21日間の計画で実施したが、新型コロナや大雨災害に見舞われ、後半の開催を断念した。

 実行委によると、諏訪市諏訪湖畔公園前の湖上に浮かぶ初島から、最大5号玉の花火約500発を音楽に合わせて打ち上げる。小雨決行。公園内での「3密」回避を呼び掛けており、午後8時から1時間は水分補給以外の飲食を禁止する。有料桟敷席や専用駐車場は設けない。

 実行委事務局は、全国的に観光機運が高まっていることに触れて「花火を通じて宿泊者を増やすことで、新型コロナで疲弊した観光の振興と地域の活性化につながれば」と話している。

 問い合わせは、実行委員会事務局(電話0266・527155)へ。

関連記事

自然に囲まれ音楽満喫 鹿追・然別湖畔で野外ライブ

 屋外で音楽を楽しむイベント「然別湖畔ミュージックライブ SOUND L・S」(実行委員会主催)が26日、然別湖畔特設会場で開かれた。好天の下、初夏の緑を映す湖畔をバックに演奏し、詰めかけた多...

北羽新報社

三種町の特産PR 3年ぶり世界じゅんさい摘み採り選手権 小舟操り収量競う

 三種町の特産・ジュンサイの魅力を発信する「世界じゅんさい摘み採り選手権大会」が26日、開催された。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、昨年と一昨年は中止しており、3年ぶりの実施。県内各地からの参...

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

2年ぶり感謝の熱演 長野県中川村で人形浄瑠璃公演

 長野県中川村の中川人形保存会と村公民館は19日、第9回「中川人形浄瑠璃定期公演」を中川文化センターで開いた。演目は「三番叟」と「傾城阿波鳴門~順礼歌の段」を上演。会場に集まった約70人の観客を前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク