全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ブサカワ系で話題 人気急上昇↑ 加茂水族館のキタゾウアザラシ「なおみ」

 鶴岡市の加茂水族館で、来館者と目を合わせて愛嬌(あいきょう)を振りまき、サービス精神たっぷりに泳ぐ巨体のアザラシが話題になっている。“ブサカワ”系の表情が愛らしいと民放キー局の報道番組で全国に紹介されるなど、人気が急上昇している。

 体長2メートル、体重400キロの雌のキタゾウアザラシ「なおみ」(推定9歳)。水から上がって寝そべっていても、人が集まると気配を察するのかすぐに泳ぎだす。水槽のアクリル板に鼻をこすりつけて泳ぐ速度を落とす「鼻ブレーキ」で水槽を何度も往復し、視線も観客から外さない。職員が芸として教えたわけではなく、いつの間にか人慣れしたという。

 なおみは5年前の秋、同市三瀬海岸沖で弱っているところを同水族館の職員らによって保護された。プロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手にあやかって「世界一有名なアザラシに」との願いを込めて「なおみ」と命名された。「鼻ブレーキ」の“変顔”がSNS上で話題となり、すっかり観客に愛される水族館の人気者に。

 岡山県から夫婦で17日に訪れた戸川淳子さん(57)は「不思議な愛嬌があって人間の顔みたい。何とも言えない親近感がある。間近で見られて良かった」と話していた。キタゾウアザラシは北太平洋の北米大陸西岸に生息し、国内で飼育展示されるのは加茂水族館だけという。

観客と目を合わせ愛嬌を振りまくなおみ

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク