全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

小玉スイカ収穫 寒暖差で甘く仕上がる

集荷場に運ぶため軽トラックに積まれた小玉スイカ(19日、和歌山県印南町山口で)

 御坊・日高の夏の風物詩、小玉スイカの収穫がJA紀州管内で始まっている。御坊市とともに生産が盛んな和歌山県印南町では、丹精込めて育てたスイカを農家が丁寧に収穫している。

 小玉スイカはシャリシャリとした食感が特徴。そのままでも冷蔵庫に入れやすいサイズで近年、消費者の間で浸透してきている。管内では今季、5月上旬から出荷が始まっており、6月中旬から下旬にかけてピークを迎える。収穫は7月中旬まで続く。
 スイカを栽培して35年という印南町山口の岡本庄三さん(66)は、ハウスと露地計約60アールで栽培。今月13日から出荷を始めた。
 JA紀州によると、管内では約180戸が計約50ヘクタール、印南町では約90戸が計約34ヘクタールで栽培。品種は「ひとりじめ7(セブン)」。糖度11度以上で、今年は昼夜の寒暖差が大きかったため甘く仕上がっているという。
 JA紀州からは、関西を中心に関東や中京方面に流通。今年の目標は1800トンとしている。地元では、JA紀州が運営する印南町印南の産直店JA紀州フレッシュマートで販売している。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク