全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

店舗や民家の軒先に「ホタルかご」展示 山口市

ホタルかごを展示する参加者(大殿地区で)

 山口市の一の坂川でのホタルの観賞シーズンに先駆け、大殿地区で17日、麦わらで作った「ホタルかご」の展示が始まった。店舗や民家の軒先につるされたかごがカラカラと風に揺られ、道行く人々を楽しませている。6月14日まで。  同地区の回遊促進を目的に、元地域おこし協力隊の粉川妙さん(46)が始めた取り組みで、5年目を迎えた。粉川さんが代表を務め、かごの制作を担う市民団体「つむぎラボ」のメンバーら8人が、通りに面した26カ所の店舗と民家に125個を設置。かごは高さ30~40㌢のらせん状で、名田島の農家から提供された麦わらを使用しているという。  着物のリメークを手掛ける「アトリエa.p.r」(大殿大路)も、店先に数個のかごをつるした。片山涼子代表(37)は「季節の移り変わりを感じる。ホタルが飛び始めるのが楽しみ」と笑顔を見せた。  粉川さんによると、ホタルかごは全国各地で手仕事として伝わり、戦前まで親しまれていた。実際にホタルを入れ、明かりを楽しむこともあったという。「川べりや町中を散歩してもらい、癒やされてほしい」と思いを語った。  市では、一の坂川でのホタルの乱舞が予想される28日~6月3日を「ほたる鑑賞week!」と位置付け、28日に周辺でほたる祭りを開催する。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク