全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

天神祭のごっつぉ「化け弁」楽しんで 鶴岡4事業所予約受け付け プレゼント・応援キャンペーン実施

 伝統の祭りの雰囲気を家庭で楽しんでもらおうと、鶴岡商工会議所は今年も鶴岡市の天神祭(25日)に合わせた弁当「化け弁」の販売を企画した。地元食材を使った「祭りごっつぉ」を楽しんでもらう企画で、新たに主婦の店鶴岡店が加わり4事業所がそれぞれ事前予約制で限定販売する。

 家族で伝統的な行事食を楽しんでもらい、ユネスコ食文化創造都市・鶴岡を盛り上げようと、4年前から始めた。名称は天神祭が「化けものまつり」とも呼ばれることから名付けた。

 各事業所の共通料理として、庄内地方の春祭りで定番の「サクラマスのあんかけ」をはじめ、旬の孟宗(もうそう)を使った炊き込みご飯、孟宗と旬の野菜の天ぷら、山菜の煮物、庄内豚みそ漬け焼き、赤カブ漬け、キュウリのからし漬けなどが付き、価格はいずれも1400円(税込み)。

 全体で約2000食分の販売を予定し、早坂食品、クックミート・マルヤマ、本間べんとう店の3事業所は24日(火)と25日(水)の2日間販売。主婦の店鶴岡店は25日のみイーネ駅前、ミーナ、IZMO新斎、パルの4店舗で販売する。

「化け弁」の一例(写真は主婦の店鶴岡店のもの)

 今回は化け弁販売5周年記念で地酒プレゼントキャンペーンも実施。7蔵元の地酒(300ミリリットル)の飲み比べセットが抽選で21人に当たる。化け弁の掛け紙の裏面が応募用紙となっており、必要事項を記入して郵送。締め切りは6月3日(当日消印有効)。問い合わせは鶴岡商議所=電0235(24)7711=へ。

 一方、鶴岡市の天神祭実行委員会は今年も「おうちで祝おう!天神祭」テイクアウト応援キャンペーンを今月末まで展開している。限定バッグ入り地酒セットの販売と、協賛店によるテイクアウト商品への専用掛け紙で祭りを盛り上げる。

 地酒セットは市内4蔵元の地酒(300ミリリットル)2本入りで、市内各酒販店で取り扱う。販売場所の問い合わせは鶴岡小売酒販組合=電0235(22)8231=か、県酒類卸鶴岡支店=同(24)3320=へ。

 掛け紙は「鶴岡天神祭」と記され、祭りを紹介したしおりが付き、テイクアウト(デリバリー)に取り組む飲食店を対象に無償提供している。問い合わせは実行委事務局の市観光物産課=電0235(35)1301=へ。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク