全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

アオリイカの産卵床を作るスタッフ(17日、和歌山県白浜町で)

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続していく。

 里山を荒廃させる竹を伐採してパンダの餌とすることで里山の環境を守り、廃棄していた食べ残しの竹や、ふんを有効資源とする「パンダバンブープロジェクト」活動の一環。今回の取り組みは、和歌山南漁協協力の下、白浜町と共同で行っている。
 この日は、スタッフ約10人が、高さ約2メートルの竹の枝葉約20本をコンクリートブロックの穴に詰め込むなどして30基の産卵床を作った。
 完成した産卵床は、スタッフが町内にある瀬戸、湯崎、伊古木の3漁港へ運び込み、地元ダイバーの協力で、深さ5~10メートルの海底に土のうを付けて沈めた。ふ化シーズンが終了する8月ごろまで観察し、効果を検証する。
 地元のダイバーによると、近年、黒潮が紀伊半島から離れて流れる「黒潮大蛇行」の影響で海水温が低下し、サンゴなどの生物が減少しているほか、時季外れの生物が現れているという。
 今回、イカの産卵だけでなく、魚介類の隠れ場としての機能、海藻類の着生についての効果も期待している。
 同施設の新東貴行さん(42)は「ぜひアオリイカに気に入ってもらい、産卵してもらいたい。うまくいけば、白浜の豊かな海を守ることに貢献できる。効果があるようであれば、地元の学校や企業と一緒に取り組むなどして継続していきたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク