全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

御柱祭最終日 コロナ乗り越え感動フィナーレ 長野県

諏訪大社御柱祭の下社里曳きは最終日の16日、最も太い秋宮一之御柱など残る5本の建て御柱を、長野県下諏訪町内で行った。新緑がまぶしい春宮、秋宮の社殿の四隅に新しい御柱がそろい、4月の上社山出しに始まった2022年の御柱祭は終幕を迎えた。

建て御柱は先端の形を整える「冠落し」をした後、ワイヤなどを巻き取る「車地」を使って建ち上げた。「よいとーまーけ」の掛け声や木やりが響く中、乗り手を乗せた御柱がゆっくりと建ち上がった。それぞれの柱で思いを込めた垂れ幕が垂らされ、氏子たちは無事の曳き建てを祝い合った。終了後は宝投げなどのセレモニーもあった。

春宮で唯一残っていた春宮三の建て御柱は午前中から始まり、午前11時30分ごろに無事に建ち上がった。秋宮一、二、三の柱は冠落しの儀を行い、順次建て御柱に入った。地元下諏訪全町の氏子が曳く秋宮四は前日に到着した魁町から曳行を再開し、中心市街地を進んだ。秋宮境内の所定位置に午後2時過ぎに曳き着け、木やり師たちが代わる代わる「山の神返し」の木やりを響かせた。

秋宮四が建て御柱の最後を飾り、木やりや「よいさ」の掛け声で御柱が角度を上げた。天に向かって真っすぐに建ち上がり、垂れ幕を下ろして万歳を繰り返した。

コロナ下の試行錯誤の中で行われてきた今回の御柱祭。山出しでは史上初となるトレーラー運搬を採り入れるとともに、参加者を登録制にするなど感染症対策を徹底してきた。それだけに、里曳きで人力曳行をする氏子たちの表情には喜びがあふれていた。

次回の御柱祭は2028年となる。

関連記事

自然に囲まれ音楽満喫 鹿追・然別湖畔で野外ライブ

 屋外で音楽を楽しむイベント「然別湖畔ミュージックライブ SOUND L・S」(実行委員会主催)が26日、然別湖畔特設会場で開かれた。好天の下、初夏の緑を映す湖畔をバックに演奏し、詰めかけた多...

北羽新報社

三種町の特産PR 3年ぶり世界じゅんさい摘み採り選手権 小舟操り収量競う

 三種町の特産・ジュンサイの魅力を発信する「世界じゅんさい摘み採り選手権大会」が26日、開催された。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、昨年と一昨年は中止しており、3年ぶりの実施。県内各地からの参...

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

2年ぶり感謝の熱演 長野県中川村で人形浄瑠璃公演

 長野県中川村の中川人形保存会と村公民館は19日、第9回「中川人形浄瑠璃定期公演」を中川文化センターで開いた。演目は「三番叟」と「傾城阿波鳴門~順礼歌の段」を上演。会場に集まった約70人の観客を前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク