全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ミステリーサークルで愛育む 奄美大島、アマミホシゾラフグ産卵

① 産卵するアマミホシゾラフグの雌(右)と寄り添う雄=12日午前9時ごろ、鹿児島県奄美大島の大島海峡(興克樹さん撮影)

 鹿児島県・奄美大島南部の大島海峡で11、12の両日、アマミホシゾラフグが産卵しているのを奄美海洋生物研究会の興克樹会長が確認し、撮影した。小型のフグの仲間。雄が海底につくった「ミステリーサークル」とも呼ばれる直径約2メートルの幾何学模様の産卵床で、仲むつまじく愛を育んでいる。

 両日とも午前9時ごろ、瀬戸内町清水沖の水深27メートル付近で、雄が産卵床を整えながら雌を待つ様子や、寄り添って放卵、放精する姿を捉えた。産卵中に、雄が体を固定するために雌の頬をかむ様子も見られた。周辺の9カ所で産卵床と産卵の痕跡が確認されたという。

「ミステリーサークル」とも呼ばれる産卵床=11日午前8時半ごろ、鹿児島県奄美大島の大島海峡(興克樹さん撮影)

 興会長は「一時期見られなくなって心配したが、今年はゴールデンウイークごろからよく見られ、多くのダイバーを楽しませている。みんなで見守っていきたい」と話した。

 アマミホシゾラフグは体長約15センチ。奄美大島と沖縄島の周辺海域に生息し、産卵床が見られるのは奄美大島だけ。瀬戸内町で見つかり、14年にシッポウフグ属の新種と確認された。背中の斑点が奄美の星空のように見えることが名前の由来。繁殖は6月ごろにかけてピークを迎え、7月ごろまで続く。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク