全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

若手神職ら田植え 森田さんの水田で「御田植祭」 厚真

胆振、日高の青年神職会による「御田植祭」が13日、厚真町桜丘にある森田明央さん(55)が所有する水田で行われた。若手神職と関係者を合わせ8人が、水田の一角に設けた「神田」に苗を植えた。

秋の豊作を願って、丁寧に手植えする若手神職たち

 若手神職が先人たちの伝統作業を体験することで米作りの大切さや意義を感じてもらおうと、2005年から継続している田植えの神事。若手神職らが自ら125平方メートルの神田に入り、「ななつぼし」の苗を丁寧に手植えしていった。

 神田の管理は森田さんが行い、秋の「抜稲祭(ぬいぼさい)」で収穫した米を胆振、日高の23神社と伊勢神宮に奉納する予定。森田さんによると、米は例年100キロ前後を収穫するが、昨年は豊作で150キロほどになった。今年についても「天気に恵まれ、苗の生育が早く、管理で忙しくなりそう」と笑みを浮かべる。

 胆振青年神職会の月館良治会長(38)は「新型コロナウイルス感染症の行方が見通せないこともあり、人とのつながりや普段通りに田植えができることにありがたみを感じる。今年も無事に実って秋に豊作を迎えられたら」と話していた。

関連記事

長野日報社

宮坂製糸シルク工房の会 農林水産大臣賞受賞 長野県

長野県岡谷市郷田の宮坂製糸所が取りまとめる蚕糸絹業提携グループ「宮坂製糸シルク工房の会」が、第10回蚕糸絹業提携確立技術・経営コンクール(一般財団法人大日本蚕糸会主催)で最高賞の農林水産大臣賞...

雨の中、キビ手刈り ぬかるみでハーベスター入れず 石糖など関係6団体

 5月に入ってからの長雨の影響で畑がぬかるみ、ハーベスターが入れずサトウキビの刈り取り作業が大幅に遅れる中、石垣島製糖工場やJAおきなわ、石垣市など6団体の職員ら約20人が雨の降り続くほ場で手刈り...

長野日報社

特産「赤いルバーブ」 新施設で集出荷開始 長野県富士見町

長野県富士見町ルバーブ生産組合は23日、インターネット販売の注文者に向け、町特産野菜「赤いルバーブ」の集出荷を始めた。今季は町中心部の富士見区内に新たな集荷所を開設。同日は開所式を行い、さらな...

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク