全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

エゾシカ特産開発へ 台東・墨田と肉や革商品 十勝町村会

あいさつする竹中会長

 十勝町村会(会長・竹中貢上士幌町長)は13日、帯広市内のとかちプラザで、今年度の通常総会を開いた。東京都台東区、墨田区による関係人口創出プロジェクトでは、新たにエゾシカの肉や革を使った特産品作りに取り組む。

 18町村の首長が出席。最終年度を迎える同プロジェクトでは、「江戸の伝統を活(い)かした十勝産品による新しい食文化の創出事業」をテーマに展開する。

 両区の飲食店でのエゾシカ肉を使ったメニュー開発を促し、試食会などを計画。エゾシカの革の活用では、希望する事業者に革を提供し商品開発してもらう。他には十勝食材フェアや交流事業を計画している。

 他の事業計画では、東京や札幌への要請活動のスケジュールなどを確認した。総会後に十勝総合振興局の芳賀是則局長らから、道の「ゼロカーボン北海道」などの説明があった。

 あいさつで竹中会長は「(ウクライナ危機で)エネルギーや食料は国の存亡にかかわる問題だと改めて認識した。ゼロカーボンの取り組みは自立できる国、自治体づくりに必要になる」と話した。

関連記事

雨の中、キビ手刈り ぬかるみでハーベスター入れず 石糖など関係6団体

 5月に入ってからの長雨の影響で畑がぬかるみ、ハーベスターが入れずサトウキビの刈り取り作業が大幅に遅れる中、石垣島製糖工場やJAおきなわ、石垣市など6団体の職員ら約20人が雨の降り続くほ場で手刈り...

長野日報社

特産「赤いルバーブ」 新施設で集出荷開始 長野県富士見町

長野県富士見町ルバーブ生産組合は23日、インターネット販売の注文者に向け、町特産野菜「赤いルバーブ」の集出荷を始めた。今季は町中心部の富士見区内に新たな集荷所を開設。同日は開所式を行い、さらな...

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク