全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

子ども食堂 月2回開設 鹿児島県徳之島

オープンした子ども食堂の料理を食べる親子連れ=14日、鹿児島県徳之島町亀津

 中学生まで無料で利用できる「子ども食堂 まごの手」が14日、鹿児島県の徳之島町亀津(かめつ)にオープンした。初日は親子連れが訪れて食事を楽しんだ。子ども食堂は今後毎月2回開催する予定。主催者は「親子のふれあいや高齢者と子どもの交流の場として、多くの人に利用してほしい」と呼び掛けている。

 子ども食堂は家庭の事情で満足に食事できない児童や、両親が共働きで一人で食事をしなければならない児童らを支援する民間発の取り組み。まごの手はNPO法人徳之島エンジェルキッズ(西野キミ子代表)が亀津東区のホテルニュートンバラ跡地を改装してオープンした。

 この日のメニューはエビフライやハンバーグなどの主菜と、きんぴらごぼう、キビナゴの南蛮漬けなど副菜の計8品が並んだ定食。親子連れは肉、魚、野菜を使ったバランス良い料理をおいしそうに食べていた。

 同NPOは、食品の製造工程で発生する規格外品などを引き取り、福祉施設などへ無料で提供する「フードバンクお助けマン霧島」からの食材を活用してまごの手を運営しているが、足りない食材については寄付金などで購入して対応しているという。

 西野代表(78)は「子どもたちに栄養たっぷりの食事を提供するためには、材料が足りないこともある。消費する予定のない食材をいただけるとありがたい」と理解を求めた。

 まごの手は毎月第2土曜の午後6~8時、第4土曜の正午~午後2時半に開設。高校生以上は300円で利用できる。問い合わせは電話0997(84)0209西野代表。

関連記事

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正...

荘内日報社

酒田南高女子生徒が“舞娘修業”に入門

 いずれも酒田市の「舞娘(まいこ)茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)と、酒田南高校(中原浩子校長)が締結した日本舞踊を中心とした伝統文化伝承、起業家精神を持つ人材の育成に関する協...

紀伊民報社

津波碑ウェブ地図に掲載 過去の教訓伝える

 和歌山県田辺市の津波被害を伝える石碑16基が19日、国土地理院のウェブ地図に掲載された。過去の被災場所を知らせ、教訓を周知する。全国48市区町村の碑が掲載されたが、県内は田辺市のみ。  国土地...

宇部日報社

トラフグの稚魚4万匹放流

 県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は19日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。    放流したフグは体長7㌢ほど。秋穂東の内海栽培漁業センターで採卵・ふ化させ、秋穂西の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク