全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

フェミナリーズ世界ワインコンクール 月山ワイン金賞受賞 庄内産ブドウ100%白ワイン2種

 世界の女性のワイン専門家が審査する「第16回フェミナリーズ世界ワインコンクール」で、鶴岡市越中山のJA庄内たがわ「月山ワイン山ぶどう研究所」(成澤健所長)が醸造した「ソレイユ・ルバン 甲州シュール・リー2020」と「ソレイユ・ルバン ヴェルデレー2018」が、日本の白ワイン部門で金賞に輝いた。

金賞を受賞した甲州シュール・リー2020(右)とヴェルデレー2018

 ワインの本場フランスでトップ5に入る同コンクールは毎年開催。今回は先月6―8日に開かれ、4780銘柄が出品された。女性ソムリエや女性シェフなど約600人が外観や香り、味わいなど計39項目で審査。日本のワイン97銘柄のうち、13銘柄が白ワイン部門の金賞に選ばれた。

 同研究所の両銘柄は、それぞれ庄内産の甲州とヴェルデレーを100%使った辛口ワイン。甲州シュール・リーは、フルーティーな香りとキレのある酸味が特長。ヴェルデレーは、柑橘系のフレッシュな香りと味わいが特長で、どちらも魚料理などの和食によく合うという。

 成澤所長は「過去に赤ワインの受賞はあったが、白ワインは初めてなので大変うれしい。ぜひ庄内産のブドウの香りと風味を味わってほしい」と話した。

 現在、甲州シュール・リーは5000本、ヴェルデレーは1200本を店頭とオンラインショップで販売している。問い合わせは、月山ワイン山ぶどう研究所=電0235(53)2789=へ。

関連記事

長野日報社

IWCリージョナルトロフィー 長野県辰野町の小野酒造店「夜明け前」が獲得

 英国のロンドンで行われた世界最大規模のワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2022」のSAKE部門・大吟醸酒の部で、小野酒造店(長野県辰野町小野、小野能正社長)の「...

生黒ごまソフト食べて 帯広市内に十勝初の専門店「クリム」

 十勝初の生黒ごまソフトクリーム専門店「K.L.I.M(クリム)帯広店」が、健康をテーマとした帯広市内の複合施設「omoto」(西2南18)内にオープンした。同施設を運営する一般社団法人看しず...

紀伊民報社

紀州の梅とミカンが長崎カステラとコラボ

 和歌山県産の梅やミカンと、長崎カステラを組み合わせた新商品「紀州うめカステラ」「有田みかんカステラ」が発売された。  きのくに信用金庫(和歌山市)が実行委員となっている「よい仕事おこしフェア...

荘内日報社

鶴岡・4社の魅力×7色 詰め合わせ「プレミアムセット」販売

 鶴岡市の酒蔵、ガラスアート工房、花屋、菓子店の4社によるコラボ商品「premiumセット」の販売が始まった。7色のイメージカラーを基に各店が作った日本酒、グラス、プリザーブドフラワー、スイーツを組...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク