全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

働きたい女性の再就職支援

酒田市中町庁舎2階に開設されたマザーズジョブサポート庄内

 結婚や出産、子育てで離職した女性の再就職を支援する「マザーズジョブサポート庄内」が18日、酒田市中町一丁目の市中町庁舎2階にオープンした。県と山形労働局が連携し、仕事と子育ての両立に関する相談や職業紹介、各種セミナーなど多様なサービスをワンストップで行い、働きたい女性を応援していく。

 県と山形労働局が酒田産業会館内で若者の就労支援や求職者の総合支援を行ってきた「トータル・ジョブサポート酒田」と、ハローワーク酒田の出先機関「ハローワークプラザさかた」(中町一丁目)を市中町庁舎2階に移転・統合し今月10日、「ジョブプラザさかた」としてオープン。その一角に、マザーズジョブサポートを設けた。2014年9月の山形テルサ内(山形市)に続き県内2カ所目。

 主な機能は、ハローワークプラザさかたで女性向けに職業紹介してきた「マザーズコーナー」(スタッフ常駐2人)、県が各種相談を行う「マザーコンシェルジュ」(同常駐2人とパート1人)が中心。相談やセミナー中に一時保育する「保育ルームきらきら」(広さ約160平方メートル、保育士2人)も備えた。

 相談業務では「再就職には、まず何から始めたらいい?」「仕事と家庭、子育てを両立できるか不安」「保育園などの情報が欲しい」などの悩みや不安にも応じる。セミナーは履歴書や応募書類の書き方、自己分析、パソコン講座などを予定。一時保育の対象は生後6カ月から就学前までで、原則として事前登録と予約が必要。

 この日、市中町庁舎で行われたオープンセレモニーには関係者約30人が参加。県の飛塚典子子育て推進部長、山形労働局の庭山佳宏局長、酒田市の矢口明子副市長の3人が「人手不足感が強まる中、一人でも多くの女性が仕事を得て活躍できるように」などあいさつ、祝辞を述べた。その後、近くの保育所「子供の園」の3―5歳児10人が歌と踊りを披露、ジョブプラザさかた入り口で関係者がテープカットし開設を祝った。

 開設は平日の午前10時―午後6時。一時保育は毎週水・木・金曜日の午前10時―午後4時のみ。全てのサービスは無料。問い合わせは、コンシェルジュ=電0234(28)8061、マザーズコーナー=電同(24)6611=へ。

関連記事

カンムリワシ号を運航 JTAが八重山球児の活躍祈念 県高校野球

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は、4日開幕の「2020沖縄県高等学校野球夏季大会」に出場する八重山3高校の球児と監督、保護者らを乗せたチャーター便「カンムリワシ号」を3日午前、運航させ...

長野日報社

遠照寺開創1200年記念に連鶴 富士連鶴の会が奉納

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺に3日、同寺開創1200年を記念し、連鶴49個が奉納された。連鶴は静岡県富士市の「富士連鶴の会」が制作。1枚の紙から作り、数羽の鶴がつながっている連鶴が、1200...

荘内日報社

鶴岡慶應先端研 高齢者対象に楽しく学ぶ勉強会

 高齢者を対象に、オンライン会議システムの立ち上げを体験的に学ぶ勉強会「やてみねが(やってみないか)オンライン」が3日、鶴岡市馬場町の慶應義塾大先端生命科学研究所センター棟で行われ、同大の社会人大学...

紀伊民報社

わくわくするまちに 白浜でオンライン会議

 和歌山県白浜町の明るい未来を語り合うオンライン会議「第1回南紀白浜ビジョンミーティング」が2日にあり、町内外から150人が参加した。それぞれの未来像を共有し、協力して実現する仕組みづくりが目的...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク