全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川へマレーシアから視察団

ごみの処分システムの説明を聞くマレーシアからの視察団=豊川市清掃工場で

 豊川市に、マレーシアからの視察団20人が来訪している。17日から3日間の日程で、スンガイブロー職業訓練大学の教員ら11人と、地方自治体マレーシア協会の9人が滞在中。18日は山脇実市長を表敬訪問した他、平尾町の清掃工場や為当町の国道23号バイパスの建設現場などを見学した。  清掃工場では、DVDなどで市内のごみの分別法などを学んだ後、市清掃事業課の大林政弘主幹の案内で施設内を見学した。焼却施設や資源化システムに、参加者らは積極的に質問。同大学で土木工学を教えるアザナ・アザール・ビン・バドリさん(47)は「ごみを再利用して新たなものを作る考えが素晴らしい」と感銘を受け、豊川市に「小さな街だがきれい。みんな親切で優しい。いつか大学の生徒たちも連れてきたい」と話した。  国道23号バイパスの豊川為当インターチェンジ付近での建設現場見学では、ドローン(無人航空機)を使った測量や設計、施工技術などを視察。山脇市長には現地の茶や手作りプレートなどをプレゼントした。  1995(平成7)年にJICAの事業でマレーシアの青年らを受け入れたのを機に、豊川市国際交流協会と現地の関係団体の交流が始まり、不定期に両国間の訪問を行っている。  17日は市中央図書館などを見学。きょう19日は豊橋技術科学大学に赴き、マレーシアからの留学生らと交流する。

関連記事

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

宇部日報社

高千帆中で「平和のつどい」 山陽小野田

 戦争の悲惨さを知り平和の尊さを考える「平和のつどい」は18日、山陽小野田市の高千帆中(笹村正三校長、473人)であり、全生徒と地域住民ら約530人が被爆を語り継ぐ会(広島)の語り部の話に耳を傾...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク