全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内空港拠点に観光振興へ

庄内空港と飛島を直接結ぶヘリコプターが試験運航され、招待者らが搭乗=今月8日(庄内空港ビル提供)

 酒田市の庄内空港と飛島をヘリコプターで結ぼうという取り組みが進められている。今月8日にはヘリの試験運航が行われ、行政・観光関係者や招待された家族連れら計21人が搭乗。片道10分ほどという早さを生かした、同空港を拠点とする観光振興の可能性を探った。

 昨年10月に庄内空港が開港25周年の節目を迎えたことを受けた記念事業の最終イベントとして庄内空港ビル(酒田市浜中、山下高明社長)が、県や市などの協力で企画。日本遺産に認定された「北前船寄港地・船主集落」、鳥海山・飛島ジオパークといった観光資源を巡る、主に外国人旅行客の誘客を想定し、二次交通アクセスの利便性について調査するのが狙い。

 同社総務企画部の村岡一法副部長は「飛島だけでなく、県内にはヘリポートが多く点在する。過去には月山や鳥海山でもヘリを飛ばしていたこともあったという。早さを生かし、これまで逃していた日帰りや1泊2日の観光客、地質の調査などで訪れる研究者たちの活用を想定している」と話す。

 試験運航は当初、今月7日に予定していたが、降雨が予想されたため翌8日に順延。同日は午前10時ごろを皮切りに計4往復8便を運航させた。直線距離では10分ほどで到着するが、酒田市内を旋回、上空からの眺めを堪能して計約15分のフライト。県内外から応募があった163人の中から選ばれた招待者4人ら搭乗者はその早さに驚きの声を上げていた。

 村岡副部長は「試験運航でヘリの確保、ヘリポートの受け入れ態勢といった課題が浮き彫りになった。これからの展開次第だが、ヘリ運航を庄内地域の発展や魅力アップ、観光客の誘客増につなげたい」と話した。

関連記事

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正...

荘内日報社

酒田南高女子生徒が“舞娘修業”に入門

 いずれも酒田市の「舞娘(まいこ)茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)と、酒田南高校(中原浩子校長)が締結した日本舞踊を中心とした伝統文化伝承、起業家精神を持つ人材の育成に関する協...

紀伊民報社

津波碑ウェブ地図に掲載 過去の教訓伝える

 和歌山県田辺市の津波被害を伝える石碑16基が19日、国土地理院のウェブ地図に掲載された。過去の被災場所を知らせ、教訓を周知する。全国48市区町村の碑が掲載されたが、県内は田辺市のみ。  国土地...

宇部日報社

トラフグの稚魚4万匹放流

 県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は19日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。    放流したフグは体長7㌢ほど。秋穂東の内海栽培漁業センターで採卵・ふ化させ、秋穂西の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク