全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

味覚教室、児童ら楽しい食生活学ぶ

チョコを食べて苦味に驚く児童(琴芝小で)

 山口県宇部市の琴芝小(藤川信利校長)で17日、「味覚教室」が開かれた。4年生52人が五つの味覚の特徴を五感で体感。味覚を鍛えておいしく、楽しく食事をする方法を学んだ。NPO法人やまぐち健康福祉ネットワーク機構(奥田昌之理事長)が、市内の小学校で開催。今回は山口市阿知須のフレンチレストラン「ル・マルカッサン」のオーナーシェフ五十嵐攻さん(42)が講師を務めた。

 子どもたちは、自分の食生活の中にどんな味があるかを思い出し、発表。五十嵐さんは、甘味、酸味、塩味、苦味の他に、日本で生まれた「うま味」があることを説明した。続いて、紙コップに入った塩や酢、砂糖などを試食して五つの味を確かめた。匂ったり、振って音を鳴らしてみたりして、五感を働かせる食べ方を実践。最も反応が大きかったのはカカオ100%のチョコ。匂いから甘いものを期待して口にした子どもたちは、「にがー」と顔をしかめた。

 最後に、五十嵐さんが調理したチョコブラウニーとラズベリークリームを挟んだクッキーを試食。それぞれ塩味、苦味、甘味を混ぜた特製のもので、子どもたちは学んだことを思い出しながら、色や香りを確かめて味わった。五十嵐さんは「味覚は鍛えられる。嫌いなものでも挑戦して、おいしいと感じられるようになってほしい」と呼び掛けた。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク