全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北緯27度線で海上集会再現 沖縄復帰50年で与論町と沖縄・国頭村

与論町の代表船(手前右)と国頭村の代表船から万歳をする参加者ら=28日正午ごろ

 鹿児島県与論町と沖縄本島北部の国頭村は沖縄県の日本復帰50周年に合わせて28日、1960年代に当時の「国境」北緯27度線上で復帰運動の一環として行われていた海上集会を再現した。両町村から漁船など21隻に分乗した参加者134人が洋上で合流。祖国分断の歴史を振り返り、恒久平和への決意を新たにした。

 1952年4月28日発効のサンフランシスコ講和条約で日本は米国からの独立を果たしたが、奄美と沖縄は米国の統治下に置かれた。53年の奄美復帰後も沖縄は72年まで日本から切り離された状態が続いた。両町村は63年から69年まで毎年、同条約の発効日に合わせて海上集会を開いて沖縄の日本への早期復帰を訴えた。

 集会の再現は復帰40周年の2012年以来。今年は、沖縄復帰50周年記念事業与論町推進委員会(委員長・田畑克夫町商工会長)と、祖国復帰50周年記念事業国頭村実行委員会(委員長・知花靖村長)の共催で催した。

 与論側の一行64人は午前9時半ごろ、漁船など12隻に分乗して茶花漁港を出港した。同11時半ごろ、北緯27度線付近で国頭側の参加者を乗せた漁船9隻と合流。国頭村からの訪問団が乗った上りのフェリーも汽笛を鳴らして船団の周囲を回り、海上集会を盛り上げた。

 国頭の宮城明正副村長、与論の田畑委員長があいさつした後、「戦後から復帰までの歴史を正しく理解し、後世に伝えつなぐことを約束する」などと友好平和宣言書を朗読。参加者全員で「沖縄を返せ」を合唱し、恒久平和を願った。双方の代表船が向かい合い、参加者が万歳を繰り返して両町村の絆も確認した。

 前回(12年)の40周年事業で与論側の推進委員長を務めた麓才良さん(74)も集会に参加し「前回から10年かけて50周年も集会ができた意義は大きい。復帰当時の両町村の関係者の熱量を次の世代につないでいくのが私たちの務めだと強く感じた」と語った。

 28日は記念イベントとして、両町村の児童生徒らを相互派遣しての記念式典やかがり火集会、記念行進などもあった。

関連記事

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク