全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

改修の長野県霧ケ峰自然保護センター きょう今季オープン

リニューアルオープンに向けた県霧ケ峰自然保護センターの内覧会。来館者にタッチパネル式の説明板の使い方を紹介する施設職員(右)

 リニューアル工事が完了した長野県諏訪市郊外の県霧ケ峰自然保護センターで28日、29日のオープンに向けた内覧会が開かれた。県議や観光協会関係者など約40人に同センター職員らが施設を案内。生まれ変わった設備や展示物の魅力を伝えた。

 1973年開館の同センターでは老朽化が進み、県が策定した機能強化方針に沿って昨年6月から改修工事を実施し、今月竣工した。総事業費の1億7500万円は県の「ふるさと信州寄付金」などで賄った。今年度から諏訪観光協会(佐久秀幸会長)を指定管理者に定め、民間のノウハウを生かした質の高いエコツアーなどの提供を計画。飲食物の販売も検討している。

 改修では、AR(拡張現実)の技術を応用したタッチパネル式の説明板を展示スペースに新設し、山に生息する哺乳類や鳥類を音声とデジタル映像で紹介。霧ケ峰の自然や歴史などを説明する壁面のパネルも一新した。屋外にはウッドデッキを設けて憩いの場とした。

 ゼロエネルギー化の一環で、必要電力は屋根に取り付けた69枚のソーラーパネルから賄う。館内にはペレットストーブを設置し、断熱性に優れた複層ガラスを窓などに採用した。

 宮原渉・県諏訪地域振興局長は「霧ケ峰の素晴らしさに触れた人がリピーターとなり、諏訪地域全体が活性化してくれれば」と期待。諏訪観光協会の佐久会長は「霧ケ峰、諏訪湖、上諏訪温泉という三つの観光拠点の魅力を十分に発信していきたい」と意気込んだ。開館時間は午前9時~午後4時で入館無料。今年は11月15日まで開館する。問い合わせは同センター(0266・53・6456)へ。

関連記事

紀伊民報社

梅とミカンの魅力PR 小学生が電子ポスター

 和歌山県田辺市の会津小学校(下万呂)の4年生(64人)が梅とミカンの魅力をまとめた「ムービングポスター」(電子ポスター)をJR紀伊田辺駅、田辺エンプラス、市役所、市立武道館の4カ所で上映してい...

荘内日報社

山形在来作物研究会が文化庁認定 食文化「知の活用」振興優良事例

“在来品種は生きた文化財”伝承 保存の必要性や地域振興への取り組み評価  在来作物の存在を広めた山形在来作物研究会(会長・江頭宏昌(ひろあき)山形大学農学部教授)が、文化庁の「食文化『知の活用』振...

宇部日報社

自転車ヘルメットが品薄状態 4月から着用努力義務【宇部】

全年齢に拡大受け、需要増  道路交通法の改正に伴い、4月1日から自転車でのヘルメット着用が努力義務化される。宇部警察署(錨敏之署長)では、市内の学校や自転車販売店などにチラシを配って法改...

勇払に桜花を咲かせる会が今月末で解散 会員の高齢化 苫小牧

苫小牧市勇払地区の住民らで構成する「勇払に桜花を咲かせる会」(宇野元会長)が、今月末で解散する。11年間で市道勇払沼ノ端線沿いの約2キロ区間にサクラを約200本植樹し、手入れも続けてきたが会員の高...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク