全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

2代目トヨッピー誕生 豊頃町社協

細身の旧トヨッピー(右)から代替わりする丸みを帯びた新トヨッピー。初披露でも好評だった

 豊頃町社会福祉協議会(加藤敏会長)のマスコットキャラクター「トヨッピー」の着ぐるみが新しくなった。社協の職員が手作りした初代のアザラシ姿の着ぐるみが「身も心もズタボロ」(町社協の担当者)になったためで、業者に発注して本格的な着ぐるみとなって生まれ変わった。

 着ぐるみは身長160センチくらいの人が入る想定で作り、従来型とほぼ同じ。体系は丸みを帯び、腹囲は50センチから80センチに太くなった。声を発しなかったが、新トヨッピーは、機械を通して着ぐるみに入っている人の声が聞こえるようになっている。

 社協が独自のマスコットキャラクターを持っているのは道内でも珍しいという。町社協の職員が2002年、描きやすかったという理由でアザラシのイラストから誕生。5年前に初代の着ぐるみが製作された。町のマスコットキャラクターがないことから、社協の事業PRの他、町内のイベントにも出番が多く老朽化が進んだ。

 更新には民意の反映もあった。従来型と同様に細身のタイプと、ぽっちゃり系の2案で住民投票を8月12日までの約1カ月間、受け付けて301人が投票。結果は丸みを帯びた形が235票を獲得し決定した。

 町社協などでつくる実行委員会が9日に開いた「RUN伴+(らんともぷらす)」で初披露され、町民らは、声を発することに驚いていた。

 このキャラクターの生みの親でもある社協の大久保理沙さんは「声は機械の調子次第で、今は気が向いた時に話す口下手です。少しでも社協に親しみを持ってもらいたい」と話す。

 初代と新着ぐるみは今後1年間は2体で活動し、1年後に初代が引退する予定。

関連記事

新鮮野菜、首都圏へ空輸 JALと農総研が実証実験-新千歳

 日本航空(JAL)と農産物流通業の農業総合研究所(農総研、和歌山市)は21日、実証実験として新千歳空港の集荷場から北海道産農産物を東京へ初出荷した。道内で朝に収穫した野菜をその日の昼ごろに羽田...

荘内日報社

幽玄な舞がファン魅了

 酒田市松山地域に伝わる松山能(県指定無形民俗文化財)が20日夕、同地域の本町皇大神社(宮本正芳宮司)の神明神社能楽堂で奉納上演され、幽玄な舞が訪れた能楽ファンを魅了した。  松山能は350年以上の歴...

紀伊民報社

釣り銭取り忘れ注意 窃盗相次ぐ

 和歌山県警田辺署は、管内のセルフ給油所に、釣り銭の取り忘れや窃盗への注意を促すチラシを掲示している。管内では近年、給油所を利用した人の取り忘れた釣り銭が盗まれる被害が相次いでいて、今年はすでに...

宇部日報社

病院の職員の子どもたちが職場訪問

 セントヒル病院(西嶋雋嘉院長)で20日、看護師などとして働く職員の子どもたちを招いた職場見学が行われた。参加した小学生30人は白衣に袖を通して院内を見学。親が働く姿も目にし、夜勤などもある仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク