全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

2代目トヨッピー誕生 豊頃町社協

細身の旧トヨッピー(右)から代替わりする丸みを帯びた新トヨッピー。初披露でも好評だった

 豊頃町社会福祉協議会(加藤敏会長)のマスコットキャラクター「トヨッピー」の着ぐるみが新しくなった。社協の職員が手作りした初代のアザラシ姿の着ぐるみが「身も心もズタボロ」(町社協の担当者)になったためで、業者に発注して本格的な着ぐるみとなって生まれ変わった。

 着ぐるみは身長160センチくらいの人が入る想定で作り、従来型とほぼ同じ。体系は丸みを帯び、腹囲は50センチから80センチに太くなった。声を発しなかったが、新トヨッピーは、機械を通して着ぐるみに入っている人の声が聞こえるようになっている。

 社協が独自のマスコットキャラクターを持っているのは道内でも珍しいという。町社協の職員が2002年、描きやすかったという理由でアザラシのイラストから誕生。5年前に初代の着ぐるみが製作された。町のマスコットキャラクターがないことから、社協の事業PRの他、町内のイベントにも出番が多く老朽化が進んだ。

 更新には民意の反映もあった。従来型と同様に細身のタイプと、ぽっちゃり系の2案で住民投票を8月12日までの約1カ月間、受け付けて301人が投票。結果は丸みを帯びた形が235票を獲得し決定した。

 町社協などでつくる実行委員会が9日に開いた「RUN伴+(らんともぷらす)」で初披露され、町民らは、声を発することに驚いていた。

 このキャラクターの生みの親でもある社協の大久保理沙さんは「声は機械の調子次第で、今は気が向いた時に話す口下手です。少しでも社協に親しみを持ってもらいたい」と話す。

 初代と新着ぐるみは今後1年間は2体で活動し、1年後に初代が引退する予定。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク