全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

2代目トヨッピー誕生 豊頃町社協

細身の旧トヨッピー(右)から代替わりする丸みを帯びた新トヨッピー。初披露でも好評だった

 豊頃町社会福祉協議会(加藤敏会長)のマスコットキャラクター「トヨッピー」の着ぐるみが新しくなった。社協の職員が手作りした初代のアザラシ姿の着ぐるみが「身も心もズタボロ」(町社協の担当者)になったためで、業者に発注して本格的な着ぐるみとなって生まれ変わった。

 着ぐるみは身長160センチくらいの人が入る想定で作り、従来型とほぼ同じ。体系は丸みを帯び、腹囲は50センチから80センチに太くなった。声を発しなかったが、新トヨッピーは、機械を通して着ぐるみに入っている人の声が聞こえるようになっている。

 社協が独自のマスコットキャラクターを持っているのは道内でも珍しいという。町社協の職員が2002年、描きやすかったという理由でアザラシのイラストから誕生。5年前に初代の着ぐるみが製作された。町のマスコットキャラクターがないことから、社協の事業PRの他、町内のイベントにも出番が多く老朽化が進んだ。

 更新には民意の反映もあった。従来型と同様に細身のタイプと、ぽっちゃり系の2案で住民投票を8月12日までの約1カ月間、受け付けて301人が投票。結果は丸みを帯びた形が235票を獲得し決定した。

 町社協などでつくる実行委員会が9日に開いた「RUN伴+(らんともぷらす)」で初披露され、町民らは、声を発することに驚いていた。

 このキャラクターの生みの親でもある社協の大久保理沙さんは「声は機械の調子次第で、今は気が向いた時に話す口下手です。少しでも社協に親しみを持ってもらいたい」と話す。

 初代と新着ぐるみは今後1年間は2体で活動し、1年後に初代が引退する予定。

関連記事

ヨットの魅力体験 瀬戸内町 小学生対象に教室、レースも 

 鹿児島県瀬戸内町の小学4~6年生を対象としたヨット教室(同町教育委員会主催)が4日、同町阿鉄湾であった。児童17人が参加。NPO法人セイラビリティ奄美代表の高野洋志さん(70)を講師に、風の力...

北の屋台2%増3.5億円 コロナかわす 帯広

 北の起業広場協同組合(杉山輝子理事長)は、運営する帯広市内中心部の「北の屋台」(20店、現在は第7期)の2019年度運営状況をまとめた。売上高は前年度比2%増の約3億5300万円、来客数は横ばい...

冷たい沢で“涼”楽しむ 7月初めての休日 連日真夏日の八重山地方

 連日、30度以上の真夏日が続く八重山地方では4日午後、休日を於茂登トンネル北側のひんやり冷たい沢で過ごす家族の姿が見られた。  那覇市に住む祖父の永田一三さん(62)と遊びに来た春翔ちゃん(4)...

長野日報社

霧ケ峰高原を駆け巡る オリエンテーリングに400人

 県オリエンテーリング協会(木村佳司理事長)は4日、諏訪市郊外の霧ケ峰高原などで「霧ケ峰オリエンテーリング大会」を開いた。年齢、性別、難易度などで分けられた19カテゴリーに関東、中京圏などから約...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク