全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

かかし作りを体験 田んぼのオーナー事業始まる 道内各地から80人 厚真

厚真町内で農家のアドバイスを受けながら、米作りを体験する2022年度の田んぼのオーナー事業が24日に始まった。道内各地から足を運んだ26組約80人の参加者が、施設内で行っている種まきの様子を見学したほか、かかし作り体験をした。

ハウス内に種まきしたパレットを並べる参加者

 07年度から実施する町観光協会主催の人気事業。1区画(1アール)税込み2万7500円で年間オーナーの権利を取得し、種まきや田植え、収穫までを実際に体験してもらう。

 今年度も町内幌内にある高橋農園の協力を得て開催。苫小牧市や札幌市を中心に道内外から昨年度より13区画多い80区画分の申し込みがあった。

 参加者は機械でパレットの土に種をまき、その上に土をかぶせていく工程を見学し、種まきされた土が入ったパレットをハウス内に並べる作業を体験。その後、幌内マナビィハウスに移動して、かかし作りに挑戦した。新聞紙を袋に詰めて顔の部分を作り、骨組みに付けた後、用意した古着などを着せて、オリジナルのかかしにそれぞれ仕上げた。

 札幌市の小学校に通う岸井晴寛君(7)はテレビで米作り体験の様子を見て、「自分で米を作ってみたい」と家族4人で参加。「かかし作りがこんなに難しいとは思わなかった。種まきのお手伝いもできて楽しかった」と振り返り、「おいしいお米を作りたい」と1カ月後の田植えを心待ちにしているようだった。

 同協会によると、田植えは5月下旬、稲刈りは10月上旬、収穫米の引き渡しは11月中旬に予定している。

関連記事

紀伊民報社

子ども食堂を全小学校区に 今後3年間で目指す

 和歌山県は本年度から3年間で、県内全ての小学校区に「子ども食堂」の設置を目指す。岸本周平知事が知事選で公約に掲げていた施策。「どこにも子供食堂プラン」と位置付け、運営団体への補助費用4千万円を...

宇部日報社

「父の日」にバラを 香川高華道部などが県産品PR【山口】

 18日の「父の日」にバラを贈る習慣を広めようと、県花卉(かき)園芸推進協議会(星井榮仁会長)などは5日、村岡嗣政知事を表敬訪問した。宇部フロンティア大付属香川高華道部(松本莉央部長)の4人も...

穂別地区でサポート交通実証実験 住民有志が運行 むかわ

むかわ町は、穂別地区の住民の買い物や移動を助けるサポート交通の実証実験を行っている。住民有志がボランティアで高齢者らを自家用車に乗せ、目的地まで送迎する。今年度中に地域公共交通計画の策定を目指す町...

荘内日報社

飛島 海洋ごみロボット搬送実験 車入れない遊歩道で活躍 一定の手応え 実装へ..

 5月27日に酒田市飛島の荒崎海岸で行われた「飛島クリーンアップ作戦」の際、合同会社とびしま(同市飛島)、石井製作所(同市京田四丁目)などが開発を進める「海ごみロボット」による搬送実験が行われた。コン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク